2008年10月10日 09時00分 UPDATE
ニュース

NEWS SAP BW導入済みのヘルスケア企業が現場活用を補完するBIシステムとしてDr.Sum EAを導入

全国約400人の医療情報担当者が利用するBIシステムにDr.Sum EAを採用し、会議資料の作成やデータ分析作業などのMRの業務効率を向上。操作方法、Q&A、活用方法などをまとめたマニュアルをポータルに公開し、社内活用促進を図った。

[TechTargetジャパン]

 ウイングアーク テクノロジーズは10月9日、ヘルスケア企業のノボ ノルディスク ファーマが、医療情報担当者(以下、MR:Medical Representative)が活用する販売実績データの分析システムに「Dr.Sum EA」を採用したことを発表した。導入により、会議資料の作成やデータ分析作業などMRの業務効率が大幅に向上したという。

 ノボ ノルディスクファーマでは、2006年にビジネスインテリジェンス(BI)ツール「SAP BW」導入により販売データやマーケット情報の取得・分析環境を構築し、MRにリポートを電子メールで配信していた。しかし、「メールではなく自分で自由に情報を取得したい」という現場ニーズが挙がっていたことや、2007年12月に新しい持効型インスリンアナログ製剤「レベミル」が発売されたことをきっかけに、MRがより詳細なデータを自由に分析できるツールの導入検討を始めた。Dr.Sum EA導入の決め手としては「コストパフォーマンス」「Web環境で容易な操作性」「柔軟なデータ分析」の3点を挙げている。

 システム構成としては、SAP BWと同じデータソースからDr.Sum EAのデータウェアハウス(DWH)を作成し、「Dr.Sum EA Datalizer Professional for Web」でリポートを表示している。この新BIシステムは「サプリ」という愛称で呼ばれ、2008年2月より稼働を開始。稼働後はWeb上でリポートを表示し、簡単な操作で各自の販売実績の分析が可能になったという。また、ワンクリックで分析結果をExcelに出力できる点や、アクセス権限の設定で不必要なデータの流出も防げるといったセキュリティ面も評価している。

 このほか、病院や薬局などの情報が登録されているアルトマークデータをDr.Sum EAに登録し、Dr.Sum EA Datalizer Professional for Web上でGoogleマップと連携することで、医療機関情報へのアクセスの効率化を実現している。さらに、サプリの操作方法、Q&A、活用方法などをまとめたマニュアルをポータルに公開し、社内活用促進を図っている。

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news042.jpg

訪日外国人観光客が礼賛、おもてなし力が高い日本の都市トップ10――Airbnb調査
訪日外国人旅行者の目的が体験型消費に移行しつつあるといわれる中、どのような都市が高...

news033.jpg

Facebook日本進出から10年、個人情報不正利用問題が広告事業に与える影響は?
Facebook日本進出10周年に当たり、フェイスブックジャパンは記者向けの説明会を開催。気...

news114.jpg

LINE、QRコード読み込みで即時抽選ができる店頭販促支援サービス「LINEインスタントウィン」を提供
LINEは、「LINE」を活用した店頭販促ソリューション「LINE SP Solutions」の新メニューと...