2008年10月27日 09時00分 UPDATE
ニュース

NEWSLogLogic、4つのコンプライアンスに対応する中規模向けログ管理製品

2Tバイトのストレージを搭載、1年分の生ログを保存できるログ統合管理アプライアンスが発売。併せて、Windowsイベントログを一元管理する製品もリリースされた。

[TechTargetジャパン]

 ログ管理ベンダーのLogLogic Japanは10月24日、ミッドレンジのログ統合管理アプライアンス「LogLogic 4.4i MX2010」(以下、MX2010)および「LogLogic LG400」(以下、LG400)を発売した。国内は兼松エレクトロニクスが販売する。

画像 MX2010

 MX2010はログを収集・管理する専用アプライアンス。同社のログ収集・解析用「LXシリーズ」とログ長期保存用「STシリーズ」の機能を併せ持つ製品で、中規模システム向けに価格を抑えた。最新版のログ収集エンジンを採用、2Tバイトのストレージを搭載することで最大1年分の生ログデータを保存できる。1024種類のログフォーマットを認識するほか、最大128の転送ルールを設定可能。コンプライアンス対策用途に合わせ、PCI DSS(クレジット業界データセキュリティ標準)、HIPAA(医療情報保護責任)、SOX法ITILに対応する4モデルが用意される。

 またLG400は、Windowsイベントログを収集するオープンソースの「Lasso Software」を搭載するアプライアンスで、Windowsシステムでの運用に特化した製品。管理対象のシステムにエージェント(常駐ソフト)をインストールすることなく、遠隔地も含め最大500台のWindowsサーバからログを収集、syslogベースのメッセージに変換することができる。収集可能なシステムはWindows 2000 Server/Server 2003、Windows 2000/XP Professional。同時に本機のログ収集機能を拡張するためのSDKを提供し、さまざまなカスタムアプリケーションから利用できるようにする。

 価格は、MX2010が900万円(税別)、LG400が360万円(税別)。

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news102.jpg

企業の社会課題への解決姿勢は商品の継続利用や他者への推奨意向に影響――メンバーズ調査
メンバーズが実施した「エンゲージメント・サーベイ」によると、Webサイトで本業による社...

news087.jpg

サイバーエージェントとアイリッジ、位置情報分析や行動分析ターゲティングに基づく広告配信で連携
サイバーエージェントのアドテクノロジー商品の開発を行うアドテクスタジオとアイリッジ...

news020.jpg

表示されている? 見られている? 結局リーチしている?――「質的視点」からの新たな効果指標について
脱PV至上主義を叫ぶのはいいとして、具体的には何を目指すのか。戦略コンサルが提案する...