2008年10月31日 09時00分 UPDATE
ニュース

NEWS日本IBM、ミッドレンジ向けx86サーバに3.33GHz Xeonプロセッサ搭載モデルを追加

日本IBMが、ミッドレンジ向けラック型x86サーバ2製品に、動作周波数3.33GHzのIntel Xeonプロセッサを搭載したハイパフォーマンスモデルを追加。仮想化技術によるサーバ集約化のニーズに応えるものだという。

[TechTargetジャパン]

 日本IBMは10月30日、ミッドレンジクラスのラック型x86サーバ製品「IBM System x3550」および「IBM System x3650」に、動作周波数3.33GHzのIntel Xeonプロセッサ搭載モデルを追加すると発表した。11月7日より出荷を開始する。

 IBM System x3550は1Uラックモデル、IBM System x3650は2Uラックモデルのミッドレンジ向けサーバ。IBMがハイエンドサーバで培ったノウハウをエントリーサーバに活用するために開発したコンセプト「X-Architecture」に基づき設計されており、薄型の筺体でありながら最大6Tバイトの大容量ディスクに対応する集積度を実現している。また、主要部品の冗長化や障害の自動検知機能なども備え、可用性向上と運用管理コスト削減を実現するという。

 今回それぞれの製品に、ミッドレンジサーバ向けとしては現時点で最も高速な3.33GHz Intel Xeon X5470プロセッサを搭載したモデルを追加する。さらに各モデルには3.5型ホットスワップ対応SATA/SAS HDDを搭載する「モデル82J」と、2.5型ホットスワップ対応SAS HDDを搭載する「モデル8BJ」がある。いずれも、最大2個のプロセッサを搭載可能。

画像 2Uラックマウントモデルの「IBM System x3650」

 仮想化技術を使ったサーバ集約のニーズの高まりでミッドレンジサーバにも高パフォーマンスが求められており、同社によると今回追加した新モデルはそれに応えるものだという。価格は、IBM System x3550 モデル8BJの最小構成で58万8000円(税込み)となっている。

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news051.jpg

「SATORI」が機能アップデート、シナリオ機能を強化
SATORIはマーケティングオートメーションツール「SATORI」の機能アップデートを発表した。

news012.jpg

AIで社会課題を抽出して国会議員に届けてみた結果――東大・電通PR・ホットリンク調べ
国会議員の政策策定にもAIを活用する日がくるかもしれません。

news028.jpg

電通が分類する30の「メディアライフスタイル」はなぜ生まれたのか、ここから何が見えてくるのか
電通メディアイノベーションラボが類型化する30の「メディアライフスタイル」。これによ...