日本IBM、10万円を切るブレードサーバのエントリーモデルNEWS

x86アーキテクチャブレードサーバのエントリーモデル「IBM BladeCenter HS12」とPowerアーキテクチャブレードサーバのエントリーモデル「IBM BladeCenter JS12」を販売する。

2008年04月08日 18時45分 公開
[TechTargetジャパン]
画像 IBM BladeCenter HS12

 日本アイ・ビー・エムは4月8日、中小規模システム向けブレードサーバのエントリーモデル、「IBM BladeCenter HS12」ならびに「IBM BladeCenter JS12」の2機種を発表した。

 x86アーキテクチャブレードサーバであるIBM BladeCenter HS12は、エントリーモデルながら電源やHDDはすべて二重化されている上、サーバの電源を入れたまま内蔵HDDを交換できる「ホットスワップ機能」を備えている。また、x86/Powerアーキテクチャそれぞれのブレードサーバラインアップにおいて最も価格を抑える一方で、従来のBladeCenterシリーズで用意している機能やオプションを活用することができる。価格は9万9750円(税込み、最小構成価格)からで、出荷開始日は2008年5月12日を予定している。

 PowerアーキテクチャブレードサーバのエントリーモデルであるIBM BladeCenter JS12は、3.8GHzのPOWER6プロセッサを搭載。Powerアーキテクチャの仮想化機能を提供する「PowerVM Edition」を併せて利用することにより、1ブレード当たり最大20個のLPAR(仮想区画)を設定できる上、システムを再起動せずに2つの筺体間でLPARを移動できる仮想化機能「ライブ・パーティション・モビリティ(Live Partition Mobility)」などを利用可能だ。価格は63万1575円(税込み、最小構成価格)で、2008年5月30日の出荷開始を予定している。

ITmedia マーケティング新着記事

news068.png

10代の7割超がショート動画を「ほぼ毎日見ている」――LINEリサーチ調査
LINEリサーチは全国の男女を対象に、ショート動画に関する調査を実施しました。

news158.png

自社の変化に対して行動する従業員はわずか2割 なぜそうなる?――電通調査
自社の変化に対する従業員の意識について確認するための調査結果です。

news061.jpg

J-WAVEが「ポッドキャスト×NFT」の音声ファンマーケティングサービスを開始
J-WAVEは、ポッドキャストとNFTを組み合わせた音声ファンマーケティングサービスを開始し...