2006年07月06日 08時30分 UPDATE
特集/連載

Columnブレードサーバの一長一短

近年注目を集めているブレードについて、その長所短所、仮想化のプラットフォームとして適しているか、などを見ていく。

[TechTarget]

 ブレードサーバは現在、その利便性やIT費用の低減といった潜在的なメリットから、サーバハードウェア分野で注目の技術となっている。その一方で仮想化の導入という大きな流れにますます多くの企業が加わる中、ブレードが仮想化のプラットフォームとして優れた選択肢かどうか、判断が求められる場合が増えている。

 ブレードサーバは絶大な威力を発揮する場合もあれば、実際に得られるメリットがうたい文句ほどではない場合もある。本稿では、ブレードのメリットとされる導入の容易さ、省スペース、配線の簡素化、総運用コストの削減のそれぞれについて検討を加える。

ITmedia マーケティング新着記事

news044.jpg

大日本印刷の山口圭介氏が次世代のマーケターに伝えたい「生き方」と「働き方」
B2Bマーケター注目のイベント「Bigbeat LIVE」が2019年8月2日に開催される。そこに登壇す...

news096.jpg

HubSpotが無料のCRMを強化、メール配信と広告管理機能を提供
無料で使える「HubSpot CRM」に、メールマーケティング機能と広告機能が加わった。

news045.jpg

フリーランス活用職種トップ3は「デザイナー」「エンジニア」「動画制作」――ランサーズ調査
ランサーズが企業を対象に実施した「外部人材(フリーランス)活用実態調査」によると9割...