日本IBM、4.0GHzの「POWER6」プロセッサを搭載したブレードサーバを発表NEWS

4.0GHzで動作する次世代プロセッサ「POWER6」を搭載したブレードサーバ「IBM BladeCenter JS22」を発表、11月30日より出荷を開始する

2007年11月07日 20時42分 公開
[TechTarget]

 日本アイ・ビー・エムは11月7日、ブレードサーバ「IBM BladeCenter JS22」を発表、11月30日より出荷を開始する。最小構成価格は93万2505円(税込み)から。

 本製品は、4.0GHzで動作する「POWER6」プロセッサを搭載したブレードサーバ。先進の仮想化機能を実装することで、ハードウェアの基本的な制御を行うハイパーバイザーによるサーバ資源の細分化利用や、稼働中のパーティションの柔軟な移動が可能になるという。これらの仮想化機能により、サーバの使用率や可用性が向上するほか、システムメンテナンスのための計画停止が不要になるなど、企業のシステム管理の手間を省くことができるとしている。

 従来の「IBM BladeCenter H」(JS22を最大14枚収納)および「IBM BladeCenter HT」(同最大10枚収納)の各シャーシに対応する。BladeCenterファミリーの最大の特長である共通アーキテクチャを採用しているため、シャーシ内でほかのBladeCenterサーバとの混在が可能だという。

 同社は本製品により、Webアプリケーションからハイパフォーマンスコンピューティング(HPC)までの幅広い用途に向け、さらなるパフォーマンスの向上と高い可用性を提供するとしている。

関連ホワイトペーパー

IBM(アイ・ビー・エム) | ブレードサーバ


ITmedia マーケティング新着記事

news050.jpg

ウェルビーイング調査 今後最も力を入れたい分野は「身体」、優先度が低いのは?
ASAKO サステナラボは、独自の「60のウェルビーイング指標」により生活者の充足度を数値...

news068.png

10代の7割超がショート動画を「ほぼ毎日見ている」――LINEリサーチ調査
LINEリサーチは全国の男女を対象に、ショート動画に関する調査を実施しました。

news158.png

自社の変化に対して行動する従業員はわずか2割 なぜそうなる?――電通調査
自社の変化に対する従業員の意識について確認するための調査結果です。