2009年02月10日 09時00分 UPDATE
ニュース

NEWSバラクーダ、ディレクトリ連携が可能なSSL VPNアプライアンスを発売

バラクーダネットワークスは50万円台で導入できるSSL VPNアプライアンスを発表。リモートアクセスユーザー認証時に既存のディレクトリシステムと連携ができる。

[TechTargetジャパン]

 Web/メールセキュリティ対策のバラクーダネットワークスジャパンは2月9日、SSL VPNアプライアンス「Barracuda SSL VPN」を発表、販売を開始した。Active DirectoryやRADIUSなどの認証システムと連携してきめ細かいリモートアクセス制御が可能。エントリーモデルが51万5000円と、中小企業でも導入しやすい価格設定となっている。

画像 アクセス可能なアプリケーションを表示したユーザーメニュー

 Barracuda SSL VPNは、一般的なWebブラウザで外出先などからのSSLトンネリングによるセキュアなリモートアクセスを実現するSSL VPNアプライアンス。「モデル 280」「同380」「同480」の3機種で構成され、最上位モデル(480)は最大100の同時接続ユーザーをサポートする。Active DirectoryやLDAPディレクトリ、RADIUSといった外部の認証システムと連携し、PINやハードウェアトークン、クライアント証明書などを利用して厳密なロールベースのユーザー認証やアクセス制御、シングルサインオンが可能。syslogによるアクセスログ管理機能、監査リポート機能も備える。ファイル共有サービスの利用時には転送ファイルのウイルスチェックを実行できる。

 また、PC端末に専用のVPNクライアント「Barracuda Network Connector」を導入すればTCP/UDPで通信するクライアント/サーバアプリケーションを利用することができる。

 価格は280が51万5000円、380が68万円、480が138万円(すべて税別)。各代理店から販売され、評価機の1カ月間の無料貸し出しも行う。

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news051.jpg

「SATORI」が機能アップデート、シナリオ機能を強化
SATORIはマーケティングオートメーションツール「SATORI」の機能アップデートを発表した。

news012.jpg

AIで社会課題を抽出して国会議員に届けてみた結果――東大・電通PR・ホットリンク調べ
国会議員の政策策定にもAIを活用する日がくるかもしれません。

news028.jpg

電通が分類する30の「メディアライフスタイル」はなぜ生まれたのか、ここから何が見えてくるのか
電通メディアイノベーションラボが類型化する30の「メディアライフスタイル」。これによ...