2009年01月29日 09時00分 公開
ニュース

ソニックウォール、PCの検疫機能をサポートする大規模向けSSL VPN装置NEWS

買収したAventail製品を基にしたSSL VPNアプライアンスを国内でリリース。端末のセキュリティレベルがポリシーに違反する場合、接続を遮断するといったNAC機能を備える。

[TechTargetジャパン]

 ソニックウォールは1月28日、大規模向けSSL VPNアプライアンス「SonicWALL Aventail E-Class Secure Remote Access」シリーズ(以下、SonicWALL SRA)の国内出荷を開始した。接続するPCのセキュリティ状態をチェックする検疫機能をサポートするのが特徴。

画像 SonicWALL SRA EX-6000/7000

 SonicWALL SRAは、同社が2007年に買収したSSL VPN製品ベンダー米Aventailの技術をベースに開発されている。接続端末のポリシー管理機能が従来製品より強化されており、VPN接続するPCのウイルス対策ソフトのウイルス定義などが古い場合、修正を促す画面を表示してセッションを遮断するといった検疫(NAC)機能を備える。端末に要求するセキュリティレベルやアクセス権などのポリシー設定は管理コンソールから容易に行え、複数のSRA間で設定情報を複製することもできる。

 ユーザー認証にはVASCO、RSA、Active DirectoryLDAP、RADIUSが利用できるほか、ワンタイムパスワードによる二要素認証も可能。ユーザーはカスタマイズ可能なポータル画面「WorkPlace」を通じて各社内コンテンツの閲覧やファイルのダウンロードを実行するようになっている。

 SonicWALL SRAは、それぞれ最大50、250、2000ユーザーの同時接続をサポートする「EX-750」「同6000」「同7000」の3モデルが用意される。販売は丸紅情報システムズが行う。価格は未定。

ITmedia マーケティング新着記事

news118.jpg

コロナ禍で変わる広報活動、最も伸びた利用ツールは「Zoom」――本田事務所とベクトルが調査
8割の広報人材が新型コロナで「広報活動に影響が出た」と回答。「広報は変わる」と考える...

news058.jpg

「バンダイチャンネル」が実践する解約防止術
サブスクリプションビジネス成功の第一歩はユーザーの解約防止にあり。その実践事例を「...

news026.jpg

成長戦略としての「D2C」
「ITmedia マーケティング」では、気になるマーケティングトレンドをeBookにまとめて不定...