バラクーダ、200万円を切るWAFアプライアンスをSMB向けにリリースNEWS

Webアプリケーション脆弱性対策、SSL暗号化処理、負荷分散の機能を備えるセキュリティアプライアンスを197万円で提供する。カード業界基準PCI DSSにも準拠した。

2008年07月31日 16時32分 公開
[TechTargetジャパン]

 メールセキュリティベンダーのバラクーダネットワークスジャパンは、アプライアンス型のWebアプリケーションファイアウォール(WAF)「Barracuda Web Site Firewall」の販売を8月1日より開始する。価格を抑え、eコマースサイトを運営する中堅・中小企業(SMB)などに売り込む。

画像 25〜100Mbpsのスループットに対応するWeb Site Firewall

 Web Site Firewallは、Webアプリケーションの脆弱性を突くSQLインジェクション、クロスサイトスクリプティングといった攻撃やDoS(サービス妨害)攻撃、改ざんなどから企業のWebサイトを防御する製品。サーバ負荷分散機能を備えるプロキシとして動作し、最新の攻撃パターン定義に基づいて攻撃トラフィックを検知・遮断したり、アプリケーショントラフィックをSSL暗号化したりできる。また管理面では、同社のほかのセキュリティ製品と共通のUI(ユーザーインタフェース)と管理/設定画面を備え、操作性を向上させた。

 製品は処理性能(スループット)や機能の異なる「360」「460」「660」の3機種で構成。一般にWAFは大企業向けの高価格の製品が多いが、下位モデルの360は197万円(税抜き)と、SMBでも手が届く価格設定となっている。上位モデルの460は433万5000円、660は719万5000円(いずれも税抜き)。また、カード決済機能を利用・提供するサイト向けにPCI DSS(クレジットカード業界のセキュリティ基準)にも準拠する。

ITmedia マーケティング新着記事

news100.jpg

日本はなぜ「世界の旅行者が再訪したい国・地域」のトップになったのか 5つの視点で理由を解き明かす
電通は独自調査で、日本が「観光目的で再訪したい国・地域」のトップとなった要因を「期...

news023.jpg

誰も見ていないテレビ番組にお金を払って露出する意味はあるのか?
無名のわが社でもお金を出せばテレビに出してもらえる? 今回は、広報担当者を惑わせる...

news182.jpg

中小企業のマーケティングDX 取り組みが進まない理由は?
トライベックの2024年最新版「中小企業DX実態調査」の結果、さまざまな課題が浮き彫りに...