2009年03月12日 09時00分 UPDATE
ニュース

NEWSLogLogic、秒間6000イベントの収集が可能なWindowsログ管理ソフトの新版

LogLogic JapanはWindowsイベント収集・管理に特化したログ管理ソフトウェアをバージョンアップ。従来版に比べ2倍に高速化したのが特徴だ。

[TechTargetジャパン]

 統合ログ管理ソリューションのLogLogic Japanは3月11日、Windows環境向け統合ログ管理ソフトウェアの新バージョン「Lasso Enterprise 2.0」を発表した。同社のログ管理アプライアンス「LG400」に搭載されるソフトで従来バージョンより2倍高速化したという。

 Lasso Enterprise 2.0はOSS(Open Sources Software)のLasso SoftwareをベースとしたWindowsイベントログ収集・管理に特化した製品。Windowsが出力するバイナリ形式の各イベント情報を収集し、テキスト形式のsyslogメッセージに自動変換・管理することができる。収集対象のシステムにエージェント(常駐ソフト)をインストールすることなく、数百台のWindowsマシンからホストサーバを介してログを収集可能な点が特徴。Windows 2000 Server/Server 2003/Server 2008、Windows XP/Vistaの各プラットフォーム上で稼働する。

 新バージョンでは、ログ収集時のパフォーマンスをバージョン1.0に比べて2倍に高め、遠隔地を含む1000台のWindowsマシンから1秒間に6000イベントの収集を実現したという。そのほか、64ビットWindowsの対応、帯域管理・イベントフィルタリング機能の実装などを図った。

 Lasso Enterprise 2.0はLogLogic製品のユーザーには無償で提供される。同ソフトを搭載したアプライアンスLG400の価格は360万円(税別)から。


関連ホワイトペーパー

ログ管理 | Windows


この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news002.jpg

ユーザーと共に作る広告、期待と課題は? JIMOS担当者と語る
UGC(ユーザー生成コンテンツ)を広告に活用している企業ではどのような効果や課題を感じ...

news095.png

フロムスクラッチ、「b→dash」にGUIで自由にデータマートを作成できる新機能を追加
フロムスクラッチは、マーケティングプラットフォーム「b→dash」において、データウェア...

news077.jpg

電通が学生と企業の共創プロジェクト「βutterfly」を開発、企業向けにスポンサードプランを提供
電通は、顧客企業と学生の協働型プロジェクト「βutterfly」を開始すると発表した。β版...