2008年10月27日 09時00分 公開
ニュース

LogLogic、4つのコンプライアンスに対応する中規模向けログ管理製品NEWS

2Tバイトのストレージを搭載、1年分の生ログを保存できるログ統合管理アプライアンスが発売。併せて、Windowsイベントログを一元管理する製品もリリースされた。

[TechTargetジャパン]

 ログ管理ベンダーのLogLogic Japanは10月24日、ミッドレンジのログ統合管理アプライアンス「LogLogic 4.4i MX2010」(以下、MX2010)および「LogLogic LG400」(以下、LG400)を発売した。国内は兼松エレクトロニクスが販売する。

画像 MX2010

 MX2010はログを収集・管理する専用アプライアンス。同社のログ収集・解析用「LXシリーズ」とログ長期保存用「STシリーズ」の機能を併せ持つ製品で、中規模システム向けに価格を抑えた。最新版のログ収集エンジンを採用、2Tバイトのストレージを搭載することで最大1年分の生ログデータを保存できる。1024種類のログフォーマットを認識するほか、最大128の転送ルールを設定可能。コンプライアンス対策用途に合わせ、PCI DSS(クレジット業界データセキュリティ標準)、HIPAA(医療情報保護責任)、SOX法ITILに対応する4モデルが用意される。

 またLG400は、Windowsイベントログを収集するオープンソースの「Lasso Software」を搭載するアプライアンスで、Windowsシステムでの運用に特化した製品。管理対象のシステムにエージェント(常駐ソフト)をインストールすることなく、遠隔地も含め最大500台のWindowsサーバからログを収集、syslogベースのメッセージに変換することができる。収集可能なシステムはWindows 2000 Server/Server 2003、Windows 2000/XP Professional。同時に本機のログ収集機能を拡張するためのSDKを提供し、さまざまなカスタムアプリケーションから利用できるようにする。

 価格は、MX2010が900万円(税別)、LG400が360万円(税別)。

ITmedia マーケティング新着記事

news154.jpg

ナイキ vs アディダス Z世代の心をつかむアプローチの違い
有名人や人気ファッションブランドとのコラボに加え、環境や社会問題への取り組みなど、...

news025.jpg

求心力のある変革ビジョンに必要な「PECの工夫」
変革ビジョンの策定に当たっては、その内容もさることながら「決め方や伝え方」に心を配...

news045.jpg

マーケティングDXをけん引するリーダーの役割
デジタルツールとデータを活用することで優れた顧客体験を提供するマーケティングDXの推...