2008年10月27日 09時00分 公開
ニュース

LogLogic、4つのコンプライアンスに対応する中規模向けログ管理製品NEWS

2Tバイトのストレージを搭載、1年分の生ログを保存できるログ統合管理アプライアンスが発売。併せて、Windowsイベントログを一元管理する製品もリリースされた。

[TechTargetジャパン]

 ログ管理ベンダーのLogLogic Japanは10月24日、ミッドレンジのログ統合管理アプライアンス「LogLogic 4.4i MX2010」(以下、MX2010)および「LogLogic LG400」(以下、LG400)を発売した。国内は兼松エレクトロニクスが販売する。

画像 MX2010

 MX2010はログを収集・管理する専用アプライアンス。同社のログ収集・解析用「LXシリーズ」とログ長期保存用「STシリーズ」の機能を併せ持つ製品で、中規模システム向けに価格を抑えた。最新版のログ収集エンジンを採用、2Tバイトのストレージを搭載することで最大1年分の生ログデータを保存できる。1024種類のログフォーマットを認識するほか、最大128の転送ルールを設定可能。コンプライアンス対策用途に合わせ、PCI DSS(クレジット業界データセキュリティ標準)、HIPAA(医療情報保護責任)、SOX法ITILに対応する4モデルが用意される。

 またLG400は、Windowsイベントログを収集するオープンソースの「Lasso Software」を搭載するアプライアンスで、Windowsシステムでの運用に特化した製品。管理対象のシステムにエージェント(常駐ソフト)をインストールすることなく、遠隔地も含め最大500台のWindowsサーバからログを収集、syslogベースのメッセージに変換することができる。収集可能なシステムはWindows 2000 Server/Server 2003、Windows 2000/XP Professional。同時に本機のログ収集機能を拡張するためのSDKを提供し、さまざまなカスタムアプリケーションから利用できるようにする。

 価格は、MX2010が900万円(税別)、LG400が360万円(税別)。

ITmedia マーケティング新着記事

news017.jpg

「A/Bテスト」ツール 売れ筋TOP10(2021年10月)
今週は、「A/Bテスト」ツールの売れ筋TOP10を紹介します。

news030.jpg

コンテンツSEOでやらかしてしまいがちな3つの勘違い
ITmedia マーケティングで2021年3月に連載して多くの反響をいただいた「勘違いだらけのEC...

news158.jpg

「リベンジ消費」は限定的、コロナ禍以前の状態に完全に戻ると考える人はわずか25%――野村総合研究所調査
コロナ禍が収束した場合の生活者の消費価値観や生活行動はどうなるのか。野村総合研究所...