2009年08月05日 09時00分 UPDATE
ニュース

NEWSシマンテックが「セキュリティ+システム復旧」の統合製品、対象は100ユーザー以下の中小企業

社員100人以下の中小企業向けに、ウイルス/スパウェア対策とシステム復旧の機能をまとめたクライアント用スイート製品をリリース。他社製品からの乗り換え施策も実施する。

[堀見誠司,TechTargetジャパン]

 シマンテックは8月4日、中小企業向けの統合エンドポイントセキュリティ対策ソフト「Symantec Endpoint Protection Small Business Edition」(以下、EPSB)など3製品を発表した。社員数100人以下の、IT要員のいない小規模ユーザーが運用しやすいようにインタフェースの簡素化やシステム負荷の軽量化を図っている。ライセンス価格は25〜49ユーザーの場合4100円(税別)。同月6日より出荷開始する。

画像 加賀山社長は「独自調査によると、専任IT管理者のいる国内の中小企業はわずか34%。半数近くは役員・マネジャー層が兼任している」と話す

 EPSBは、企業のクライアント端末に対してウイルス/スパイウェア対策、クライアントファイアウォールといったセキュリティ機能を統合的に提供する。OSなど未知の脆弱性を狙う攻撃を防ぐ新開発のIPS(不正侵入防止システム)機能を搭載し、Webを媒介とする脅威にも対応する。専任のIT管理者を持たない企業でも導入しやすくするため、「機能を絞ることでインタフェース上ユーザーの迷うような設定項目を極力減らした」(代表取締役社長の加賀山 進氏)という。また、OSの起動時やデスクトップアプリケーションによる作業時にPCの処理負担を減らす仕組みを取り入れた。

画像 競合製品よりもインストールしたWindows PCの起動時間が短いという(Tolly Group調べ)

 EPSBの基本ライセンス価格(年間保守料込み)は、新規導入時は5〜24ユーザーが5100円、25〜49ユーザーが4100円、50〜99ユーザーが4000円(いずれも税別)。2年目以降の契約更新料は1年ごとに2600〜3300円(税別)掛かる。同社はさらに、個人用を含む他社製セキュリティ対策ソフトからの乗り換え施策を実施。EPSBへ乗り換える場合、25〜49ユーザーで2700円(税別)のキャンペーン価格となる。

 併せて同社は、EPSBにデータバックアップ/リカバリ機能を追加したスイート製品「Symantec Protection Suite Small Business Edition」も発売する。価格は1万2500〜1万3800円で、セキュリティ対策とシステムリカバリのソフトを別個に購入するよりも「最大で2割安くなる」(シマンテック)としている。本製品も他社製品から乗り換える場合、6200〜6900円へとディスカウントが行われる。

 シマンテックではこのほか、NAC(ネットワークアクセス制御)を含むエンドポイントセキュリティ、メッセージングセキュリティ、システムリカバリの各機能を包括した大企業向けスイート「Symantec Protection Suite Enterprise Edition」を同じく6日よりリリースする。

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news083.jpg

「アドエビス」が「モニプラ」と連携、ユーザー行動×定性データの施策評価が可能に
ロックオンは、「アドエビス」において、「モニプラ」と連携すると発表した。

news057.jpg

6秒動画に特化した動画広告配信サービス「BumVi」、ジーニーとトレンダーズが提供
ジーニーはトレンダーズと共同で、6秒動画に特化した新しい動画広告配信サービス「BumVi...

news055.jpg

トランスコスモス、Salesforceと連携したレコメンドダイレクトメール「レコレタ」を提供
トランスコスモスは、Salesforceと連携し、顧客セグメントに応じて紙のダイレクトメール...