2009年11月12日 07時30分 UPDATE
特集/連載

さらに強化できる、XPのセキュリティまだまだ現役、Windows XPのセキュリティ強化に役立つ5つのレジストリキー

Windows XPのネットワークセキュリティは、レジストリキーで強化できる。筆者お気に入りの5種類のレジストリキーを紹介しよう。

[Eric Schultze,TechTarget]

 「Windows XPにはちょっと詳しい」というシステム管理者に話を聞くときは必ず、「あなたのお気に入りのレジストリキーは?」と尋ねることにしている。そして大抵の場合、うつろな視線が返って来る。

 そこで本稿では、わたしのお気に入りのレジストリキーを5種類紹介する(※)。システムのセキュリティ強化に役立つはずだ。

※編注:レジストリはWindowsの動作に影響を与えます。変更については自己責任にてお願いします。

1.Hidden

 わたしが最も気に入っているレジストリキーは「Hidden」だ。このレジストリ値を追加すると、Windows XP搭載PCをネットワーク閲覧リストから消去できる。これにより、たまたまネットワークに接続してきたようなユーザーが、「マイ ネットワーク」画面でマシンを見つけてしまう事態を防止できる。わたしはこれを自分自身のコンピュータと、ほかの人にいじってほしくない大切なノートPCとデスクトップPCに使っている。

キーの名前:HKLM\System\CurrentControlSet\Services\LanmanServer\Parameters

値の名前:hidden

型:REG_DWORD

値のデータ:1

 0 コンピュータ名とコメントが別のコンピュータから見える(デフォルト)

 1 コンピュータ名とコメントが別のコンピュータから見えない


2.AutoShareWks

 Windows XPシステムは、コンピュータ上のドライブ名ごとに、自動的に共有を作成する。これらの共有は、管理者権限を持ったユーザーのみがリモートで利用できる。しかし場合によっては、こうした「自動管理共有」が作成されない方がいいこともある。単純にエクスプローラで該当する共有を右クリックして削除しても、コンピュータを再起動すればその共有は復活する。そこで「AutoShareWks key ()」を設定すれば、こうした共有が作成されずに済む。

キー:HKLM\System\CurrentControlSet\Services\LanmanServer\Parameters

値の名前:AutoShareWks

型:REG_DWORD

値のデータ:0

  • 0 共有削除
  • 1 共有作成(デフォルト)

関連ホワイトペーパー

Windows | アクセス制御 | 不正アクセス | パスワード


この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news012.jpg

若者の夏休み離れ? 大学生の3割が「夏休みは楽しみではない」――Dpick調べ
Dpickが大学生を対象に「夏休みに関する意識調査」を実施しました。

news128.jpg

就職人気企業の採用担当者が重視するのは「クリエイティビティー」と「デジタルリテラシー」――アドビ調査
アドビ システムズ(以下、アドビ)は、日本に所在する企業の人事担当者を対象とした「新...

news064.jpg

「コードアワード2018」大賞はPerfume出演5G実証実験
D2Cは、デジタルマーケティングの広告賞「コードアワード2018」の最終審査を行い、ファイ...