2010年01月13日 07時30分 UPDATE
特集/連載

SMBでこそ可能なBPMBPM戦略を成功に導くための7つの作業

SMBはその規模・特質から、大企業よりもBPMが成功する可能性が高いという。社内リソースが乏しいSMBが自社の業務プロセスを合理化・効率化するのに有効なBPMの7つの作業を紹介する。

[Kristen Caretta,TechTarget]

 もしもあなたがビジネスプロセスマネジメント(BPM)は非常に複雑であり、中堅・中小企業(SMB)がBPMを実現するには時間がかかり過ぎると思っているのだとしたら、考え直した方がいい。たとえ社内リソースが乏しくても、SMBのIT部門は自社の業務プロセスを大企業と同じように合理化・効率化するためのBPM戦略を策定することができるのだ。

 「実際には、SMBはその規模と特質により、大企業よりもBPMが成功する可能性が高い」と話すのは、IT管理を専門とする米調査企業Enterprise Management Associatesのデニス・ドログセス副社長だ。「組織の規模が小さいほど、大きな改革を実現しやすい」と同氏は語る。

 「SMBの特質として、社内の力関係が複雑でなく、大胆な改革を実行できる可能性が高いことが挙げられる」とドログセス氏は指摘する。「社内での周知徹底やドキュメントの作成に大変な労力を必要としないので、短期間で実質的な投資効果を期待できる」

 BPM計画を成功させようと意気込む必要がない場合もある。米調査会社Forrester Researchのアナリスト、ケン・ボルマー氏によると、SMBは既に、BPM戦略を用いずにプロセスを効果的に改革するのに成功している可能性もあるという。つまり、これらの企業がさらに改革を進める場合には、ゼロから始めなくてもよいということだ。「小規模企業は一般に柔軟性が高い。これは、プロセス改革の取り組みでは有利に作用する」と同氏は話す。

 ボルマー氏はBPM戦略を立案・策定する上で必要な作業として、以下の7つを挙げている。

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news147.jpg

マイクロアド関連会社、上海発の訪日クルーズ船内で日本の商品を販促
マイクロアド・インバウンド・マーケティングは中国の訪日クルーズ船と提携し、上海から...

news136.jpg

「KANADE DSP」が機械学習を活用してコンバージョン獲得コストの自動最適化機能を強化
京セラコミュニケーションシステムは「KANADE DSP」において、コンバージョン獲得コスト...

news131.jpg

日本のマーケターはプログラマティックとソーシャルに積極的、AdRollが調査
AdRoll日本法人は、日本のプログラマティック(運用型広告/データに基づくリアルタイム...