2012年08月03日 00時30分 UPDATE
info Center

柔軟なプラットフォーム構築の可能性本格的な普及期を迎えた仮想化技術のその先に

仮想化技術は、企業のIT基盤に柔軟性をもたらす。このメリットを最大化するためには、最新動向をウオッチしておく必要がある。ここでは、仮想化への効率的かつ効果的な投資に役立つ情報を集めた。

[ITmedia]

最新コンテンツ

ヴイエムウェア株式会社

中堅・中小企業のIT投資に4年ぶりの劇的変化──仮想化とクラウド導入加速の流れ

米調査会社ESGの調査によると、IT投資を評価する際の考慮事項で「コスト削減」が4年ぶりにトップから外れた。中堅・中小企業がIT投資を最大限活用するためのキーワードは、「仮想化」と「クラウド」だ。


注目のコンテンツ

ヴイエムウェア株式会社

デスクトップ仮想化の2大製品を、帯域幅とCPU使用率で徹底検証

デスクトップ仮想化導入における最大のボトルネックはパフォーマンスにある。第三者のリサーチ会社がVMware View 5とXenDesktop 5.5のパフォーマンステストを実施。ネットワーク帯域幅とCPU使用率の詳細なリポートを公表した。


ヴイエムウェア株式会社

リサーチ会社が徹底比較! 仮想環境の管理で最も価値あるソリューションとは?

多くのベンダーが仮想環境での最適化を主張する中、競合ソリューションの区別は困難を極める。リサーチ会社の米Taneja Groupは、10以上もの競合ソリューションを徹底比較した。


ヴイエムウェア株式会社

ESGホワイトペーパー 小規模なIT運用環境の高可用性 〜共有ストレージを使用せずにサーバ仮想化のメリットを拡張〜

中堅・中小企業向けのサーバ仮想化、高可用性、およびビジネス継続性。VMware vSphere Storage Applianceで実現する仮想ストレージの活用。


ヴイエムウェア株式会社

【VMware】最新のIT環境向けのディザスタリカバリについて

データセンターで発生する「ブラックスワン現象(不測の事態)」の低減および対処方法。重要なIT資産を守るための災害対策とは?


ヴイエムウェア株式会社

VMwareのデスクトップ仮想化による、エンドユーザーとIT部門の双方にもたらされる価値

デスクトップを提供および管理する際の課題について説明した資料。また、VMwareのデスクトップ仮想化を使用して、IT部門とエンドユーザーの双方の要件を満たすソリューションを構築する方法についても紹介している。


ヴイエムウェア株式会社

クラウドのセキュリティに対する誤った認識とは何か? 〜信頼性の高いクラウドを実現するために〜

クラウドの最優先課題とされているセキュリティに関する誤った認識とは何か? これらを克服するために必要な信頼性の高いクラウドを実現するためのチェックリストについて解説する。


ヴイエムウェア株式会社

VMwareが選ばれる7つの理由

本資料は、仮想化製品の導入を考える企業に、適切な仮想化製品の選択をしていただくための情報を記載している。


ヴイエムウェア株式会社

Exchange Server 2010、Oracle Database、事例から見る仮想環境移行メリット

ハードウェアや仮想化ソフトウェアの大幅なパフォーマンス向上に伴い、基幹アプリケーションの仮想化採用も進んでいる。複数の資料を用いて使用事例や導入のポイントを解説する。


ヴイエムウェア株式会社

クラウドコンピューティング導入状況分析結果

スプリングボードリサーチが実施した日本およびアジア地域におけるクラウドコンピューティング導入状況リポート。クラウドの課題や新たな可能性についての分析結果をまとめている。


ヴイエムウェア株式会社

管理レベルで差が出る! デスクトップPCのTCO試算結果

自社のデスクトップPCにかかわるコストを本当に把握できているだろうか? Gartnerは、「デスクトップPCがどの程度管理されているかは、TCOを削減する上で最も重要な要因」と指摘する。


ヴイエムウェア株式会社

VMware導入事例:【中外製薬】SAPの基幹システムを仮想化し、DRサイトでのリカバリを4時間で実現

基幹業務システムを仮想化すると同時に、ストレージの最適設計およびVMware vCenter Site Recovery Managerの活用で、DRサイトのリカバリ短期化を実現した。


ヴイエムウェア株式会社

VMware vCenter CapacityIQを使用したキャパシティー管理の方法

キャパシティー管理がさらに難しくなる仮想環境において、「効率性」と「可用性」という相反する目標を達成するためには、仮想化専用のツールを利用することが効果的だ。


ヴイエムウェア株式会社

ハイパーバイザーの製品比較:仮想化プラットフォームにおいて最高のワークロード統合率を実現するには

主要なハイパーバイザープラットフォームの性能ベンチマークテストを2回実施し、最も高い仮想 マシンの統合率を実現しているプラットフォームを調査した。 2010年夏にアップデート版が各社からリリースされた事を受け、最新版での検証結果 を報告する。


ヴイエムウェア株式会社

VMwareが提供するWindows 7への移行ソリューション

発売から1年が経つMicrosoft Windows 7。企業導入も続々と進んでおり、いずれのIT組織も遅かれ早かれ、数百台から数千台のデスクトップをWindows 7に移行する必要があるだろう。


ヴイエムウェア株式会社

【VMware×HP事例】全64拠点の業務用PCの仮想化をするための、たったひとつの冴えた方法

東北地域の医療基盤を支える医薬品卸企業のバイタルネット。同社は、ビジネスのベースとなる業務用PC端末の老朽化、データ量の増大に伴い、深刻なレスポンスの低下、障害発生の増加などの課題に直面し、業務に支障をきたしはじめていた。


ヴイエムウェア株式会社

VMware View 4 の導入に成功した3つの事例を紹介

もはや一般化した「サーバ仮想化」に加え、近年クライアントも含めて仮想化を行う企業が増えてきている。それにより、ITインフラ全体の最適化を図り、業務アプリケーションの延命やIT部門の管理負荷の軽減、セキュリティの向上といった、大きな効果をあげている。


日本電気株式会社

【事例】VMware vShere 4 で一気に仮想化。電気料金請求額を直ちに13%削減した、日本通信機株式会社

地域密着型のSI企業として着実に活動してきた日本通信機では、基幹系、情報系共に、 NECのハードウエアとVMware vSphere 4 を使って、サーバをすべて仮想化した。


ヴイエムウェア株式会社

社内クラウドを構築するための8つの重要なポイント

費用対効果に優れ、迅速にサービスと機能を導入できる“クラウド コンピューティング”。既存のクラウド コンピューティングソリューションの限界点とは?


ヴイエムウェア株式会社

3000台のPCの仮想デスクトップ環境への移行を成功させた、三菱東京UFJ銀行事例

三菱東京UFJ銀行は、行内のOA用PC端末のセキュリティ対策強化のため、仮想デスクト ップの導入を決定した。セキュリティ強化と同時に利便性の高いPC環境を実現した、 同行の事例をご紹介する。


ヴイエムウェア株式会社

事例:VMware Viewを導入、15教室300台の仮想デスクトップを稼働させた、東京都立府中工業高等学校

アプリケーション利用の柔軟性を高め、管理を効率化したVMwareの仮想デスクトップ事例。


ヴイエムウェア株式会社

VMware仮想化インフラでプライベートクラウドを構築した、キリングループ事例

2009年末には21台のVMwareESXサーバ上で230台の仮想サーバが稼働、2012年には新規アプリケーションサーバの8割を仮想化する予定。


ヴイエムウェア株式会社

1,200台のPCを仮想化した北陸コカ・コーラボトリング事例

サーバ1台あたり55台の仮想デスクトップが稼働。


ヴイエムウェア株式会社

VMware vSphere 4の新機能『ストレージ』を知る

vSphere 4で新しく採用されたハイパーバイザーESX 4.0、対応するvCenter Server 管理インターフェイスにより、仮想データ センターのストレージ リソースと接続オプションにおけるリソースの効率性の向上、管理制御の強化、および選択肢の拡大などのメリット がある。


シスコシステムズ合同会社

【動画講座:Cisco×VMware】仮想化データセンター実現への課題と解決策とは?

当セッションでは、仮想化データセンター実現への課題を洗い出した上で「仮想化」「データセンターネットワーク」のリーディング企業であるVMwareとCiscoの最新ソリューションによる課題解決策を提示する。


ヴイエムウェア株式会社

デスクトップの課題を仮想化で解決する方法とは?

エンドユーザーに対するサポート負担の軽減、データ漏えい防止、PCハードウェア購入の計画化……。こうした問題を解決する、VMwareの仮想PC型シンクライアント「VMware View 3」を解説する。


SAP ERP仮想化へのベストプラクティス

VMwareによるSAP ERP仮想化のメリットを徹底検証

SAPがVMwareをWindows版の本番稼働環境としてサポート開始したことにより、SAPユーザーにとって仮想化が現実的なものとなった。SAP ERPのアップグレード、災害対策システムなど、仮想化の適用範囲は広い。


関連記事

国内市場動向から読み解く仮想化

コスト削減以外の仮想化導入メリットを見いだすには?

サーバ、ストレージだけでなくデスクトップ領域まで仮想化の取り組みは広がっている。しかしそこで留意しなくてはならないのが仮想化そのもののクオリティだ。それがコスト削減以外の仮想化導入メリットだといえる。


仮想化技術導入に立ちはだかる壁

コモディティー化していく仮想化が抱える3つの問題点とは?

数多くの仮想化製品を評価し、社内にフィードバックして技術支援を行う野村総合研究所の専門家は、日本企業の仮想化への取り組みには3つの問題点があると指摘する。


デスクトップを一元管理する方法とは?

企業にうってつけのデスクトップ環境を実現するVDI

社員のデスクトップを一元管理できる仮想デスクトップインフラは、運用管理やビジネス支援の課題解決に役立つ。


キーワードでひもとくバックアップ最新事情【最終回】

サーバ仮想化環境のバックアップ 普通に取るか丸ごと取るか

サーバ仮想化環境のバックアップはそれほど難しい作業ではない。しかしサーバを仮想化によって集約しているために、思わぬコストが発生する可能性があるので注意が必要だ。


ディザスタリカバリ導入事例:遠隔地間レプリケーション

仮想化で「保険としてのバックアップサイト」も戦力化する大阪ガス

災害対策にコストは付きものだが、ソリューションの選択次第で大幅なコスト削減が可能だ。余剰リソースと見られがちな待機中のバックアップサイトも、サーバの仮想化技術で別用途に転用できる。


Amazon EC2に真っ向勝負

動き出した日本のパブリッククラウドサービスはサポートで差別化

長年の仮想化サービスのノウハウと日本のデータセンターを活用する、米Amazon EC2対抗のパブリッククラウドサービスが登場。最大の売りは、国内の安心感とEC2にないサポートだという。その中身とは?