2010年03月12日 09時00分 UPDATE
ニュース

NEWS国内のVMware対応アプリケーションを確認できるサイトが開設

ヴイエムウェアは「VMware対応アプリケーション登録・閲覧サイト」を開設した。ユーザー企業は、既存のアプリケーションについて、仮想化環境のサポート状況を素早く確認できる。

[TechTargetジャパン]

 ヴイエムウェアは3月10日、VMwareに対応した国内のアプリケーションを掲載する「VMware対応アプリケーション登録・閲覧サイト」を開設した。同社は今後、国内で販売されている多くのVMware対応ソフトウェア製品を紹介していくという。

 同サイトは、アプリケーションの開発・販売を手掛ける企業が、VMware対応のアプリケーションを登録するWebサイト。既に国内で販売されている190種類以上の主要製品が掲載されている。製品のユーザー企業やパートナー企業がサイトを参照することで、仮想化を導入する際、既存のアプリケーション(業務ソフトウェアやバックアップ、セキュリティなど)について、仮想化環境のサポート状況を販売元に確認する必要がなくなる。

 本サイトには現在、「VMware vSphere」および「VMware Infrastructure」対応製品が登録されているが、5月までに「VMware View」のカテゴリを追加し、デスクトップ仮想化対応アプリケーションの掲載を開始する予定だ。ヴイエムウェアは今後、日本国内のVMware対応アプリケーションの登録を積極的に推進し、2010年末までに主要なアプリケーションベンダー100社以上から1000製品登録することを計画している。

関連ホワイトペーパー

VMware | 仮想化


この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news062.jpg

ランドスケイプの企業データベース「LBC」がマーべリックのDMP搭載型DSP「Sphere」と連携
ランドスケイプは、同社の企業データベース「LBC」がマーベリックのDMP搭載型DSP「Sphere...

news068.jpg

ジーニー、CRM/SFAシステム「ちきゅう」を会社分割契約により事業承継
ジーニーは、ちきゅうが提供する中小企業向けCRM/SFAシステム「ちきゅう」の開発・販売...

news066.jpg

電通、広告統合プランニング・効果検証ツール「STADIA OOHプラス」(β版)を開発
電通は、テレビ広告とインターネット広告の統合プランニングを実現する「STADIA」の機能...