2010年03月25日 09時00分 UPDATE
ニュース

NEWSF5とCSE、強力な本人認証を可能とするテレワーク環境向けリモートアクセス製品を提供

F5の「BIG-IP Edge Gateway」とCSEの「SECUREMATRIX」を連携。テレワーク環境の負担費用を従来SSL VPN製品と比べて50%以下に抑えるほか、最大4万同時ユーザーのアクセス処理に対応するという。

[TechTargetジャパン]

 F5ネットワークスジャパン(以下、F5)とシー・エス・イー(以下、CSE)は3月24日、F5の統合型データセンターアクセス製品「BIG-IP Edge Gateway」とCSEの本人認証製品「SECUREMATRIX」が連携するテレワーク環境向けソリューションを発表した。

 同ソリューションにより、遠隔で業務を行う従業員やモバイルユーザーは、マトリクス認証方式による確実な本人認証を実施したセキュアな環境下でリモートアクセスが可能になるという。加えて、テレワーク環境の構築に掛かる費用を従来型のSSL VPN製品と比べて50%以下に抑えるほか、最大4万同時ユーザーのアクセス処理にも対応するとしている。

 価格はBIG-IP Edge Gatewayが最小300同時接続ユーザーの場合で448万円から。SECUREMATRIXが25ユーザーの場合で31万円から(いずれも税別)。両社では初年度100社以上の導入を目指す。

関連ホワイトペーパー

認証 | データセンター | SSL | VPN


この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news095.png

フロムスクラッチ、「b→dash」にGUIで自由にデータマートを作成できる新機能を追加
フロムスクラッチは、マーケティングプラットフォーム「b→dash」において、データウェア...

news077.jpg

電通が学生と企業の共創プロジェクト「βutterfly」を開発、企業向けにスポンサードプランを提供
電通は、顧客企業と学生の協働型プロジェクト「βutterfly」を開始すると発表した。β版...

news040.jpg

「インバウンド」で注目される浅草、訪日外国人観光客で賑わう理由とは?
口コミ時代のWebとソーシャルメディアは最大の武器。最小限の手間で最大の効果を発揮する...