2010年04月01日 09時00分 UPDATE
ニュース

NEWSブレイン・ゲート、歯科医院向けSaaS型SFAサービスを開始

歯科医院向けに特化した営業支援システムによって、潜在患者の掘り起こしと医院経営の再構築を支援する。

[TechTargetジャパン]

 ブレイン・ゲートは3月30日、歯科医院向けのSFA(営業活動支援システム)ソリューション「D-BRAIN」の提供を4月1日から開始すると発表した。

 D-BRAINは、SFAとCRM(顧客管理)システム、患者受付予約システムなどを統合したSaaS(Software as a Service)型サービス。「患者属性管理」機能によって、患者の趣味や嗜好(しこう)などを含めた患者の基本情報を登録でき、患者情報の検索も行える。同社によると、属性データを活用して患者のニーズに応じた最適な治療や情報を提供することで、既存患者の囲い込みなどが可能になるという。

画像 患者情報画面の例

 また、電話がかかってくると患者情報を自動で表示して事務員の予約入力の作業を簡素化する「CTIポップアップ」機能、予約確認やアフターケアに関するメールを自動送信する「オートメール」機能も搭載している。そのほか、PCや携帯電話から24時間予約を受け付け、1日の予約スケジュールを一目で確認できる「スケジューラー」機能を備えている。D-BRAINの月額利用料は8000円(税別)から。

関連ホワイトペーパー

SFA | CRM | データウェアハウス | ERP | SaaS


この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news085.jpg

位置情報広告のジオロジック、LINE Venturesなどから総額1億円を調達
ジオロジックは、ジェネシア・ベンチャーズ、LINE Ventures、東急エージェンシーを引受先...

news065.jpg

LINE、サイバーエージェント子会社とチャットに特化した次世代型カスタマーサポート推進で協業
LINEは、サイバーエージェントの連結子会社であるAIメッセンジャーと共同で、チャットに...

news021.jpg

「NPS」の効果を実感、導入企業の8割――IMJ調査
アイ・エム・ジェイ(IMJ)は、「日本企業におけるNPS導入の実態把握調査」の結果を発表...