2010年09月03日 00時00分 UPDATE
info Center

低コスト、業務適用能力の両立が鍵見えてきたERP選びの新基準、その攻略法を探る

IFRS(国際会計基準)適用を前にERP選びの基準が変わりつつある。ポイントは低コストと業種別の業務適応能力、世界のローカル要件対応、そして子会社展開だ。これらの要件に対応するERP製品を紹介する。

[ITmedia]

PR:事例コンテンツを定期的に紹介中

Microsoft Dynamics ニュースレター

当サイトで紹介中の栗山米菓社事例のほか、Dynamics AXの導入企業事例を定期的にメールで紹介する。


次世代ERPを語る

「Microsoft Dynamics AX」パートナー座談会

営業現場で語られる本音、本当に強いERPとは?

企業のIT投資が横ばいの中、急成長するERPがある。何がエンドユーザーを引きつけるのか。プリセールスの現場を担う営業担当者が本音を話した。


「Microsoft Dynamics AX」エンジニア座談会

オフコンを引きずるERPにはさよならを、技術者が注目する次世代ERPとは

エンジニアは次世代ERPのテクノロジーをどう見ているのか。開発生産性を向上させ、トータルコストを抑える先進テクノロジーの姿が、エンジニアが集まった座談会で赤裸々に語られた。


注目の記事/ホワイトペーパー

マイクロソフト株式会社

【ノークリサーチ調査】ERP製品評価リポート

本ドキュメントは「2010年版中堅・中小企業のIT アプリケーション利用実態と展望レポート」集計結果データに含まれる「ERP」に関する主要な結果とその要点について記載している。


マイクロソフト株式会社

【事例】個別カスタマイズを極力排除し、最小限のコストでERPを導入した株式会社万城食品の狙いと導入効果

プロセス製造業は、工程において副産物や連産品が発生するために、製造処方である『フォーミュラ(構成表)』が複雑になる。そのため、プロセス製造業に適したERPは多くない。そのような現状の中、万城食品はどのようにERP導入を成功させたのだろうか?


「ばかうけ」の栗山米菓が選んだERP、導入担当者が魅力を語る

せんべいの「ばかうけ」で知られる栗山米菓がERPをリプレースした。選んだのは「Microsoft Dynamics AX」。ノンカスタマイズが前提条件だったプロジェクトで同製品が選ばれた理由は?


新ERP導入を決断、タピルスが選んだ理由とは

タピルスはERPパッケージ「Microsoft Dynamics AX」の導入を決めた。グループ全体の経営情報システムとしての利用も見込む同社が、Dynamics AXを選んだ理由とは。


マイクロソフト株式会社

導入実績100社の横河ソリューションズが太鼓判! プロセス製造業向け新ERPの魅力を聞いた

食品や化学、医薬品などのプロセス製造業向けのソリューションで100社以上の導入実績を持つ横河ソリューションズが注目する新ERPパッケージ。その魅力と、すでに多数の稼働実績があるプロセス製造業向けソリューションについて聞いた。


マイクロソフト株式会社

日本企業を取り巻くIFRSの現況とその対応

国内におけるIFRS適用が上場企業のみならず、中堅企業・中規模組織(関連グループ会社等)から中小企業まで広がりつつある。「IFRS for SMEs」が登場するいま、経理財務部門だけでなくIT部門も考えるべきIFRSへのアプローチを探る。


関連ホワイトペーパー

マイクロソフト株式会社

ERP導入を成功させる秘訣は「操作性」と「カスタマイズのしやすさ」

誰もが使い慣れているMicrosoft Officeと同じ要領で操作でき、カスタマイズが柔軟にできるマイクロソフトのERP製品「Microsoft Dynamics AX」の機能や特徴を詳しく見ていく。