2011年07月12日 09時00分 UPDATE
特集/連載

「WAF」製品紹介【第10回】NECWebサーバ上で直接守るソフトウェア型WAF「NEC InfoCage SiteShell」

InfoCage SiteShellは、Webサーバ上に追加ソフトウェアをインストールすることでWebアプリケーションを保護するWAFだ。ネットワークの構成変更などは一切必要なく迅速に導入できる。

[渡邉利和]

WebサーバがWAF機能を備える

 NECのInfoCage SiteShellは、Webサーバ上に直接インストールするソフトウェア型のWAFだ。

 一般的にアプライアンス型のWAFの場合、ユーザーからのアクセスがWebサーバに到達する手前でWAFがパケットをチェックできるように、ネットワークの経路途中に挟み込むような形で設置する。このため、DNSの設定変更やリバースプロキシの設定など、何らかのネットワーク設定の変更は避けられない。稼働中のネットワークに変更を加えるため、慎重な作業が必要だ。検証のために、ある程度の作業期間を確保することになるだろう。

 対してInfoCage SiteShellは、同製品をインストールしたWebサーバ上で稼働するWebアプリケーションを保護する、という直感的に理解しやすい構成になる(※1)。Webサーバソフトウェア(Apache/IIS)が受信したリクエストがWebアプリケーションに渡る前に、パケットをチェックする。WAF機能はWebサーバと同じハードウェア上で実行される。平均的なCPU利用率は、Webサーバソフトウェアの10%程度に相当するという。

(※1)サーバインストール型だけでなく、ネットワーク設置型として導入することも可能。InfoCage SiteShell専用に用意したサーバにソフトウェアをインストールし、Webサーバの前方で動作させることもできる。

画像 InfoCage SiteShellの運用イメージ

 InfoCage SiteShellは、サーバ上に直接インストールして利用することから、外部のデータセンターレンタルサーバを利用している場合でも導入が容易だという。レンタルサーバの場合、ネットワーク接続型のWAFを設置できるかどうかはデータセンター側のサービスメニューの設定に依存する。ソフトウェア型ならデータセンター側の対応に依存せず、自分のWebサイトを自力で確実に保護できる。

製品の基本構成

 InfoCage SiteShellは、NECの独自開発によるWAFだ。WAFを選定する際、現状は海外製品の比率が高く、サポート体制や日本独自で発見された脅威への対応速度などに不安を感じることも少なくないだろう。国内の代表的なIT企業であるNECの自社開発製品であるInfoCage SiteShellは、こうした不安を感じることはない。「全国をくまなくカバーするサービス網を構築しているNECならではの安心感や、製品のメッセージからサポート/サービスの窓口まで、全て日本語だけで用が足りる点も国内ユーザーにとっては魅力的だといえる」(NECシステムテクノロジー 第四ソフトウェア事業部 下田仁史氏)

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news071.jpg

フィードフォース、セルフサービスでデータフィードの作成・管理が可能なプラットフォームを提供
フィードフォースは、データフィードの作成・管理・最適化を広告担当者自身で行うことの...

news081.jpg

Facebook広告にオフラインでの行動データを活用、アクシオムがデータ提供
フェイスブックジャパンとアクシオムジャパンは、アクシオムが提供するオフラインでの消...

news063.jpg

Web接客の「KARTE」がB2B向け活用も視野に「Marketo」と連携
プレイドは、同社が提供するWeb接客プラットフォーム「KARTE」とマルケトが提供するマー...