2011年08月05日 20時00分 UPDATE
ニュース

NEWSIT資産管理ソフトベンダーKaseyaが日本市場に本格参入

ITシステム自動管理ソフトウェアを提供するスイスのKaseyaが日本支社を設立した。9月にはモバイル端末管理用モジュールを提供予定。

[翁長 潤,TechTargetジャパン]

 スイスのソフトウェアベンダー、Kaseyaは8月4日、日本支社Kaseya Japanを6月20日に設立し、日本市場へ参入したと発表した。また、Kaseya Japan設立と同時に提供開始したIT運用管理ソリューション「Kaseya」にモバイル端末の管理モジュール「Kaseyaモバイル・デバイス・マネジメント」(以下、KMDM)を追加し、9月中に提供することも併せて発表した。

 Kaseyaソリューションは、IT資産管理やウイルス/マルウェア対策、オンラインバックアップ、PCの遠隔保守、電源管理など、クライアント端末の運用管理に必要な機能をオールインワンで提供する。32カ国で1300万ライセンス以上の導入実績を持つ。

photo Kaseyaのファーギス氏

 Kaseyaのエグゼクティブ・バイスプレジデント 兼 北東アジア担当ゼネラル・マネージャー、ジョン・ファーギス氏は、従来のIT運用管理サービスが、クライアント端末に障害が発生した際、その連絡を受けてからの事後対応を効率化するのに対し、「Kaseyaソリューションは、故障による業務中断を発生させないように予防・予知に重点を置いている。また、運用管理を自動化する機能を提供し、管理者の運用コストを削減できる」と説明した。

 Kaseyaソリューションでは、管理対象クライアントに専用エージェントをインストールし、管理サーバは30秒間隔でそのログを収集する。管理者はWebベースのコンソール画面でモニタリングする。エラー発生時にはエージェントがエラーを通知する。VPN(Virtual Private Network)機能を活用したインターネット経由で接続でき、企業内LANや外部拠点との通信も可能。また、修正プログラムやバックアップなどの障害対応を自動化するスクリプトのサンプルを3000種類用意しており、それらを利用することで日々の運用業務の負荷を軽減する。

photo Kaseyaソリューションの管理画面《クリックで拡大》
photo Kaseya Japanの北原氏

 Kaseya Japanの社長、北原信之氏は、日本での事業展開について「既に海外で多くの導入実績を持つ小売業や流通業、医療や教育分野などに注力しつつ、SIerやディストリビューターとともに、国内におけるマネージドサービス事業の拡大を目指す」と語った。

 同社が同時に発表したKMDMは、Windows Mobile、BlackBerry、iPhone、Androidなどのモバイル端末における資産管理やメール設定、位置情報トラッキングや紛失・盗難時の対処などの運用管理を支援するツールだ。

 Kaseyaソリューションの1ライセンス当たり月額利用料は150〜500円(規模に応じて異なる)。現在、30日間無償で利用できるSaaS(Software as a Service)版のトライアルキャンペーンを10月末まで展開しており、その結果を踏まえて正式リリースを行う予定。

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news077.jpg

電通が学生と企業の共創プロジェクト「βutterfly」を開発、企業向けにスポンサードプランを提供
電通は、顧客企業と学生の協働型プロジェクト「βutterfly」を開始すると発表した。β版...

news040.jpg

「インバウンド」で注目される浅草、訪日外国人観光客で賑わう理由とは?
口コミ時代のWebとソーシャルメディアは最大の武器。最小限の手間で最大の効果を発揮する...

news103.png

オムニバス、「セゾンDMP」を活用したターゲティング広告を提供
クレディセゾンの100%子会社オムニバスは、クレディセゾンが保有するクレジットカードの...