2012年01月13日 18時30分 UPDATE
特集/連載

タブレット市場の覇権を狙うWindows 8【前編】Windows 8タブレットが“iPadキラー”になり得る理由

Windows 8の豊富な機能や特徴、ハードウェアベンダーの盛り上がりは、Windows 8タブレットがiPadの牙城を崩す原動力となる。

[Michael Cohn,TechTarget]

 米Microsoftは開発中の次期OS「Windows 8」にタブレット専用バージョンを用意することで、米AppleiPadに対して攻勢をかける構えだ。だがMicrosoftにとって、これは苦しい戦いになりそうだ。既に多くの一般消費者がiPadに満足しているからである。

 Microsoftはタブレット市場の新参者ではない。この市場の経験期間は実に10年近くに及ぶ。同社は2002年11月、タブレット用OS「Windows XP Tablet PC Edition」を鳴り物入りでリリースした。初期のWindowsタブレットPCは販売業やサービス業など一部の市場セグメントで人気を博したものの、AppleのiPadが2010年のデビュー以来示してきた圧倒的な影響力とは比べようがない。

 米Forrester Researchの最近の報告書が指摘するように、早くからタブレット市場に参入したMicrosoftの立ち位置は、実質的には「5番手」だ。Windowsタブレットは現時点でiPadの後塵を拝するのみならず、Androidタブレットや在庫処分セールが最近行われたwebOS搭載端末の「HP TouchPad」にも後れを取っている。

 Windows 8は、果たしてiPad市場に風穴を開けることができるのだろうか。

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news014.jpg

認知度86.5%、言葉だけは知られている「民泊」――クロス・マーケティング調査
民泊初利用のきっかけは、口コミが27%を占めるようです。

news131.jpg

「SAS Customer Intelligence 360」が刷新
SAS Institute Japanは9、新しい「SAS Customer Intelligence 360」を発表した。

news018.jpg

イマドキ女子のスマホプライムタイムは「22時」――インテージ調べ
インテージは、15〜24歳“イマドキ”女子のスマートフォンの利用実態を調査しました。