2012年01月23日 09時00分 UPDATE
特集/連載

事例で学ぶBI活用のアイデア【第8回】BIで生産活動情報を見える化、カイゼンに生かした製造業事例

間接部門の業務改善活動を支援する集計分析システムをBIツールで構築。作業日報の集計・作成所要時間を約70%削減した製造業のBI活用事例を紹介する。

[小島 薫,ウイングアーク テクノロジーズ]

 ビジネスインテリジェンス(BI)を積極的に活用している業種と聞くと、どの業種を思い浮かべるだろうか。真っ先に思い浮かぶのが、POSデータなどの売り上げデータを活用する小売、流通業での事例だろう。本連載でも「BIによるPOS分析でタイムリーな売れ筋把握を実現した小売業事例」で流通業におけるBI活用事例を紹介した。

 一方で、製造業にもBIを積極的に導入している企業は多く存在する。小売、流通業では、「売り上げにどのようにつなげていくか」といった使われ方が多いのに対して、製造業では部品在庫削減、生産活動にかかわる付帯作業(工数分析や品質分析)の効率化など、コスト削減にBIを活用しているケースが多いようだ。そこで今回は、業務改善活動の中でBIツールをうまく活用している製造業の事例を紹介する。

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news102.jpg

企業の社会課題への解決姿勢は商品の継続利用や他者への推奨意向に影響――メンバーズ調査
メンバーズが実施した「エンゲージメント・サーベイ」によると、Webサイトで本業による社...

news087.jpg

サイバーエージェントとアイリッジ、位置情報分析や行動分析ターゲティングに基づく広告配信で連携
サイバーエージェントのアドテクノロジー商品の開発を行うアドテクスタジオとアイリッジ...

news020.jpg

表示されている? 見られている? 結局リーチしている?――「質的視点」からの新たな効果指標について
脱PV至上主義を叫ぶのはいいとして、具体的には何を目指すのか。戦略コンサルが提案する...