2012年02月07日 09時00分 UPDATE
特集/連載

ユーザー任せの端末管理では危険スマートフォンの管理漏れを一掃するために確認すべき4項目

セキュリティ対策が十分でないスマートフォンが業務利用されるケースは後を絶たない。端末管理を徹底するために、管理者が確認すべき4つの項目を整理した。

[Kevin Beaver,TechTarget]

 モバイルは新しいエンドポイントだ。IT管理者はどうすればモバイルセキュリティを保証できるのか。自分のモバイル端末がロックダウンされていると不満を漏らすユーザーも多い。だがそれはまだ序の口だ。パーソナルファイアウォールの導入からウイルス対策、権限管理、情報流出防止対策に至るまで、エンドポイントのセキュリティを保証するための技術やポリシー、プロセスは既に存在する。問題は、われわれが依然として、会社の周辺で使われているモバイル端末を全て無視しているかのように思えることだ。

モバイルセキュリティのチェックポイント

 どんな組織であれ、不特定多数のモバイルエンドポイントが時間帯を問わず使われている。こうした環境では、数千とは言わないまでも、数百もの情報群が従来型のエンドポイント管理からこぼれ落ちている公算が大きい。以下の項目を確認して問題を洗い出し、モバイルセキュリティ対策に役立ててほしい。

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news128.jpg

トライバルメディアハウスがPinterestと協働プロジェクトを開始
トライバルメディアハウスは、ピンタレスト・ジャパンと協働でプロジェクトを進めること...

news109.jpg

「リードが足りない」の解消へ、toBeマーケティングとWEICが「MAPlus NIKITA」を提供
toBeマーケティングとWEICは、戦略的業務提携を行い、MA運用におけるリード数不足を解決...

news143.jpg

読売新聞社がコンテンツマーケティング事業に参入、「YOMIURI BRAND STUDIO」を設立
読売新聞社は企業のコンテンツマーケティングを支援するため「YOMIURI BRAND STUDIO」を...