2012年05月11日 09時00分 UPDATE
特集/連載

Ubuntuのベンダー英Canonicalが提供5日間で導入できるOpenStackベースのプライベートクラウドに注目

5日間で完了する料金9000ドルのプライベートクラウド導入サービス「Ubuntu Cloud Jumpstart」は、AWSなどのパブリッククラウドと互換性を持ち、展開ツール「Juju」を利用することでハイブリッドクラウドを実現する。

[Rachel Shuster,TechTarget]

 Linuxディストリビューション「Ubuntu」の開発と普及を推進する英Canonicalは、5日間で完了する料金9000ドルのプライベートクラウドインフラ導入サービスプログラム「Ubuntu Cloud Jumpstart」(以下、Jumpstart)を提供している。同社はこのプログラムについて、パートナーによる再販も視野に入れている。

 Jumpstartでは、オープンソースのクラウドインフラ構築ソフトウェア「OpenStack」をクラウドアーキテクチャとして採用し、DevOpsプログラム「Juju」と組み合わせている(DevOpsは、開発・運用の壁をなくすプラクティスを指す)。Jujuは、エンドユーザーがインフラの拡張を長期にわたって簡単に管理することを可能にする。

 「Jujuの仕組みは少し複雑なので、顧客に説明する必要がある。しかし、いったん使い方を理解すれば、ユーザーはJujuを利用して、大規模な導入展開を非常に簡単に行える。われわれはJujuにより、プライベートクラウドの導入プロセスを完全に標準化している」と、CanonicalのUbuntu Cloud担当プロダクトマネジャー、ニック・バーセット氏は語った。

 「ユーザーはクラウド型のIaaS(Infrastructure as a Service)を使って、独自環境の構築、テスト、実運用への移行、展開を迅速に行える。このプライベートクラウドインフラは、プライベートクラウドの提供にもパブリッククラウドの提供にも利用できる」(バーセット氏)

技術と知識の移転を伴うプライベートクラウドの導入

 Jumpstartでは、Canonicalのサービスエンジニアがオンサイトで、最初に顧客とともに導入目的を定義する。さらに、エンジニアは環境構築の各ステップで、顧客に実装の詳細を説明する。

ITmedia マーケティング新着記事

news010.jpg

「Amazon Echo Spot」を差し上げます
メールマガジン「ITmedia マーケティング通信」を新規にご購読いただいた方の中から抽選...

news021.jpg

オフライン広告の効果測定手法、よその会社はどうしている?――サイカ調査
測定が難しいオフライン広告の効果測定をどうしていますか。