2012年10月25日 08時00分 UPDATE
特集/連載

ホワイトペーパーレビューSCM構築の最新潮流が分かる3つのホワイトペーパー

製造業企業の競争力に直結するSCM。世界各地に工場や販売拠点を持つ企業が多くなり、SCMの活用は必須だ。生産管理システムやERPとも密接に連携するSCMの最新潮流が分かるホワイトペーパーを紹介する。

[垣内郁栄,TechTargetジャパン]

 電機メーカーをはじめとする日本の代表的な製造業企業の苦境が伝えられる中でSCMがあらためて注目されている。世界規模で活動する製造業企業であれば、これまでにも当然SCMを構築して運用していた。しかし、今注目されているのは物流管理だけではなく、生産管理ERPなどのITシステム、流通システム、ロジスティックなどが連係し、企業の生産、販売活動を最適化するような新しいSCMだ。SCMの最新潮流が分かる3つのホワイトペーパーを紹介する。

SCMを評価するための4つの指標とは

完全なオーダーを実現するための7つのステップ

提供:ローソンソフトウエアジャパン(現インフォアジャパンM3、12ページ) 提供:ローソンソフトウエアジャパン(現インフォアジャパンM3、12ページ)

 このホワイトペーパーでは最適なSCMが備える条件として「完全なオーダー」という言葉を使っている。その上で完全なオーダーを実現するSCMの評価指標として以下の4項目を挙げている。

  • 要求された、または確約した日時で納品できること
  • 要求された全てのアイテムがそろっていること
  • 品質問題がないこと
  • 請求書、注文書、受領書が正しくかつ適合していること

 ホワイトペーパーが説明するようにこの4つの指標でそれぞれ高い水準をキープするには、生産管理システムやERP、流通体制などの品質レベルを向上させ、さらに最適な形で連係をさせることが必要になる。受注処理、調達、在庫管理から売掛金の回収までのサイクルでビジネスプロセスを最適化し、管理できるように全体を通した可視化が必要だ。ホワイトペーパーではこの最適なSCMを実現するための7つのステップを紹介している。理想のSCMを理解し、自社が目指すSCMについて考えたい読者に最適なホワイトペーパーだ。

ロレアル事例に学ぶ生産管理と最新SCM

グローバル製造エクセレンス達成へのロードマップ

提供:アプリソ ジャパン(28ページ) 提供:アプリソ ジャパン(28ページ)

 SCMにとって特に重要なのは生産管理システムとの連係だ。SCMは生産計画に従って部品や部材を最適なタイミングで搬入し、また完成した製品を市場が要求するタイミングで受け取り、最も売れる場所に運ぶ必要がある。このホワイトペーパーでは「一流企業といわれる企業の多くは正しい製品を正しい納期に、正しい品質・数量で確実に提供するため、自社の製造プロセスとITシステムをつなげ、グローバル規模で標準化することに注力している」と指摘。その上でグローバルレベルで生産管理や工場、流通を効率化した企業の事例を紹介する。

 事例の1つは世界130カ国に展開し、40の製造拠点を持つコスメティック企業のロレアル。ロレアルは従来の独自システムからERPへの移行と同時に、製造工場を業務管理するMOM(製造オペレーション管理)システムをグローバルで導入した。これによって各工場の業務を標準化し、情報のやりとりが容易なったという。サプライチェーンでの計画と製造実行の間でのワークフローがより密接になったとも指摘。これによって市場分析に基づく生産計画の情報を、生産の実行系システムに瞬時に伝えられるようになった。SCMや生産管理をビジネスのコアと考える企業の事例が分かるホワイトペーパーだ。

高収益企業が実行しているSCMのベストプラクティス

ハイテク企業30社調査で判明! サプライチェーン成功への道筋

提供:SAPジャパン(8ページ) 提供:SAPジャパン(8ページ)

 このホワイトペーパーではハイテク製造業の企業が抱えるSCMの課題として「顧客サービス」「サプライチェーンの即応性」「在庫」の3つを挙げる。つまり、顧客ニーズが頻繁に変化するため、その速度に対応できるサプライチェーンを構築できないと顧客からの注文を逃したり、過剰な在庫を抱えることになるのだ。また、複雑で手作業が必要なSCMでは市場の変化に即応することができず、結果的に企業が競争力を失う可能性がある。

 SCMの構築についてはこれまでの各企業の経験やノウハウをまとめたベストプラクティスが確立されている。ホワイトペーパーでは高収益企業を対象に行ったSCMについての調査を基に、そのベストプラクティスを明らかにする。例えば平均的な企業の納期順守率が84.8%なのに対して高収益企業では92.4%になるなどの結果を紹介。その上でSCM構築のベストプラクティスとして「業務プロセスとサプライチェーンプロセスとの完全統合」や「需要管理における顧客との協力」などを挙げて、それを実現するためのテクノロジーについても解説する。SCMの実際の構築を検討している読者に役立つホワイトペーパーといえるだろう。

 今回紹介したホワイトペーパー以外にも、ホワイトペーパーダウンロードセンターでは、SCM構築時に参考となる技術文書や製品資料、事例紹介などを掲載している。ぜひダウンロードしてご活用いただきたい。

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news015.jpg

インターネットは信用できるのだろうか?
パーソナルデータのマーケティングへの利用を消費者はどう感じているか、ソーシャルログ...

news071.jpg

フィードフォース、セルフサービスでデータフィードの作成・管理が可能なプラットフォームを提供
フィードフォースは、データフィードの作成・管理・最適化を広告担当者自身で行うことの...

news081.jpg

Facebook広告にオフラインでの行動データを活用、アクシオムがデータ提供
フェイスブックジャパンとアクシオムジャパンは、アクシオムが提供するオフラインでの消...