2012年12月07日 08時00分 UPDATE
特集/連載

モバイル向けアプリ開発の選択肢【後編】モバイルアプリを開発する前に確認すべき6つの問題

モバイルアプリ開発に関して、ネイティブアプリか、クラウドアプリかを選択する場合、検討すべきはサポート端末、BYOD、セキュリティなど6つの問題だ。

[Bill Claybrook,TechTarget]

 前編記事「モバイルアプリ比較:ネイティブアプリとクラウドアプリはどちらが優位か」に続き、モバイルアプリ開発におけるネイティブアプリとモバイルクラウドアプリの選択について解説する。

 ネイティブアプリの開発では、iOSやAndroidなどのモバイルアプリ開発プラットフォームごとに、それぞれ独自の開発プロセスがあり、独自のネイティブプログラミング言語が使われる。プログラミング言語にはJavaAndroid)、Objective-C(iOS)、Visual C++(Windows Phone)などがある。

 また、ネイティブアプリの開発には一般的に、米AppleのiOSソフトウェア開発キット、米GoogleのAndroid開発ツール、米Microsoft.NET Compact Frameworkといった開発ツールが使われる。他にもSybase(米Sybase)やPhoneGap(米Adobe Systems)といったネイティブアプリ向けの開発ツールもある。

 一方、クラウドアプリの開発ツールはモバイル端末のOSとは結び付いていない。クラウドアプリはHTML5、CSS3、JavaScript、C++などのサーバサイド言語、あるいは開発者が選んだPHP、Ruby on Rails、PythonなどのWebアプリケーションフレームワークで開発される(参考記事:HTML5はスマートデバイス用アプリ開発に使えるか?)。

 ネイティブアプリ、モバイルクラウドアプリともソフトウェア開発を支援するツールや、フレームワークが提供されている。

 Appleの開発プラットフォームでは、ネイティブアプリの開発者がiOSの通知機能を使って、音声のアラートを出したり、画面上に視覚的なアラートやバナーを表示したりすることもできる。クラウドアプリは、モバイル端末の一部のネイティブ機能と情報にアクセスできる。このアクセスには通常、APIを利用する。

モバイルアプリで検討すべき問題

 モバイルアプリを開発する前に検討すべき問題には以下の6つがある。

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news101.jpg

ソフトバンク・テクノロジー、チャットbotでWebサイトの分析や課題発見をサポートする「SIGNAL AI」を提供
ソフトバンク・テクノロジーは、Webサイト分析やアドバイスを行いながらデータ活用人材を...

news065.png

パイプドビッツなど3社、製薬企業向けマーケティングオートメーションパッケージ「BtoD」が提供開始
パイプドビッツは、メディコムとトライベック・ストラテジーの2社と共同で、製薬企業向け...

news108.jpg

EC・通販の広告クリエイティブは「製品・サービスを手に取ってもらう」ことに割り切る
豊富な実務知見に基づき、EC・通販で成功する方法について解き明かしていく本シリーズ。...