2013年02月28日 08時00分 UPDATE
特集/連載

データクレンジング製品紹介:富士通編高速/高精度の住所クレンジングがウリの「Interstage Information Quality」

顧客マスターにおける住所のクレンジング処理に強みを持つデータクレンジング/名寄せ製品が、富士通の「Interstage Information Quality」だ。その特徴を紹介する。

[鳥越武史,TechTargetジャパン]

 富士通の「Interstage Information Quality(IIQ)」は、顧客マスターに含まれる住所のクレンジング精度を高めつつ、高速処理を実現したデータクレンジング/名寄せ製品だ。必要最小限の機能を備え、200万円台から導入可能という手軽さも兼ね備える。IIQの特徴について、富士通に話を聞いた。

連載:データクレンジング製品紹介


製品の概要

 IIQは、顧客マスターに含まれる住所や氏名/法人名などを事前に指定したポリシーに従ってクレンジングし、名寄せまで実現する。処理結果はCSVファイルとして出力する(図1)。

図 図1:IIQのクレンジング結果の例。結果はCSVファイルとして出力される

 クレンジング/名寄せ処理のコマンドを入力する画面はテキストベース(CUI)であり、GUIはクレンジング/名寄せのポリシー設定用画面だけである(画面1)。

画面 画面1:IIQは、GUIのクレンジング/名寄せポリシー設定画面を用意する(画面は名寄せポリシーの設定画面)

 パッケージソフトウェアや手組みのアプリケーションに、クレンジング機能をアドオンとして導入するためのAPIも用意する。アプリケーションの顧客情報入力フォームにクレンジング機能を埋め込むことで、エンドユーザーがシステムに入力したデータを即座に解析し、正しいデータの候補を表示したりできる(図2)。

図 図2:APIを利用したクレンジングの例。アプリケーションのエンドユーザーが入力したデータを基に、修正候補の確認画面を表示する(出典:富士通の製品紹介資料を基に作成)

 データ品質を高めるためには、既存のデータだけでなく、当然ながら新しく発生するデータのクレンジングも同時に進める必要がある。APIを使って入力時にデータの誤りや過不足を発見することができれば、入力後のデータをあらためてクレンジングする手間を省くことができる。

 現時点では、APIを利用しているユーザー企業は少数だと富士通は明かす。ただし、コンシューマー向けのWebサイトなど大量のデータが入力されるケースでは、APIを活用するメリットは大きい。

他社製品に対する特徴:クレンジング/名寄せの精度と高速性を両立

 IIQは、クレンジング/名寄せの精度と速度向上に工夫を凝らす。特に注目すべきは、住所のクレンジング処理に利用するアルゴリズムの工夫だ。

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news042.jpg

訪日外国人観光客が礼賛、おもてなし力が高い日本の都市トップ10――Airbnb調査
訪日外国人旅行者の目的が体験型消費に移行しつつあるといわれる中、どのような都市が高...

news033.jpg

Facebook日本進出から10年、個人情報不正利用問題が広告事業に与える影響は?
Facebook日本進出10周年に当たり、フェイスブックジャパンは記者向けの説明会を開催。気...

news114.jpg

LINE、QRコード読み込みで即時抽選ができる店頭販促支援サービス「LINEインスタントウィン」を提供
LINEは、「LINE」を活用した店頭販促ソリューション「LINE SP Solutions」の新メニューと...