2013年04月16日 08時00分 UPDATE
特集/連載

攻撃は最大の防御?米国防総省委員会、「サイバー攻撃への軍事作戦力を高めよ」

米国防総省の諮問委員会は「敵が仕掛けてくる攻撃に対して、米国のITインフラは装備が不十分だ」と指摘する。「サイバー攻撃能力を開発すべきだ」との主張も。攻撃は最大の防御となるか。

[George Leopold,TechTarget]

米国のITインフラは装備が不十分

 サイバー空間をめぐる中国との緊張が高まる中で、米国防総省の諮問委員会である国防科学委員会(DSB)は、サイバー戦争の攻撃能力を新たに実装しながら、米国のサイバー防衛を強化することを提言した。

 DSBは1年半をかけてまとめた報告書の公開版で、「敵はわれわれのネットワークの中にいる」と警告。サイバー能力と軍事資産、情報資産を駆使して敵が仕掛けてくるあらゆる攻撃に対し、「米国のITインフラは装備が不十分だ」と指摘した。

この記事が気に入ったらTechTargetジャパンに「いいね!」しよう

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news010.jpg

海の家でトライアル、O2Oアプリ×IoTで店舗のスマホ施策はどう変わる?
江ノ島にある海の家でO2OアプリとIoT販促ツールを組み合わせた実証実験が行われている。...

news023.jpg

LINEと博報堂DYデジタル、「LINE」上での広告効果測定の精緻化を図る共同プロジェクトを開始
LINEは、同社の広告サービスにおいて、効果測定の精緻化を図るプロジェクトを博報堂DYと...

news056.jpg

SSP「fluct」、Bulbitの全自動マーケティングプラットフォーム「UNICORN」と連携開始
fluctは、SSP「fluct」がBulbitのモバイルアプリ向け全自動マーケティングプラットフォー...