2013年05月07日 08時00分 UPDATE
特集/連載

レガシーシステムとモバイル端末を橋渡しモバイルアプリ専用クラウド「MBaaS」が注目される理由

APIを通じてモバイルアプリケーションを既存のデータリポジトリと結び付ける「Mobile Backend as a Service(MBaaS)」(サービスとしてのモバイルバックエンド)が注目されている。

[James Furbush,TechTarget]

 レガシーインフラを解体したり、入れ替えたりすることなくIT部門でモバイル利用をサポートしたい場合、「Mobile Backend as a Service(MBaaS)」(サービスとしてのモバイルバックエンド)と呼ばれる新しいミドルウェアを使ってそれを実現することが可能だ。

 米Apigee、米StackMob、米Layer7 TechnologiesなどのMBaaSベンダーは、APIを通じてモバイルアプリケーションを組織の既存のデータリポジトリと結び付けるミドルウェアを提供している。モバイル技術のニッチとして注目を浴びるこの分野では、他のベンダーも、顧客がカスタムアプリを開発したり、米Xamarinや米FileMakerなどのデータベースコネクタを管理したりできる機能を提供する。

 モバイルアプリ開発を手掛ける米Intrepid Pursuitsの最高技術責任者(CTO)、マット・ブリッジズ氏は、「データベースとモバイルアプリとなるべきものとの間にサービス層が存在しなければ、われわれは直ちに待ったをかける」と話す。

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news014.jpg

認知度86.5%、言葉だけは知られている「民泊」――クロス・マーケティング調査
民泊初利用のきっかけは、口コミが27%を占めるようです。

news131.jpg

「SAS Customer Intelligence 360」が刷新
SAS Institute Japanは9、新しい「SAS Customer Intelligence 360」を発表した。

news018.jpg

イマドキ女子のスマホプライムタイムは「22時」――インテージ調べ
インテージは、15〜24歳“イマドキ”女子のスマートフォンの利用実態を調査しました。