2013年05月07日 08時00分 UPDATE
特集/連載

レガシーシステムとモバイル端末を橋渡しモバイルアプリ専用クラウド「MBaaS」が注目される理由

APIを通じてモバイルアプリケーションを既存のデータリポジトリと結び付ける「Mobile Backend as a Service(MBaaS)」(サービスとしてのモバイルバックエンド)が注目されている。

[James Furbush,TechTarget]

 レガシーインフラを解体したり、入れ替えたりすることなくIT部門でモバイル利用をサポートしたい場合、「Mobile Backend as a Service(MBaaS)」(サービスとしてのモバイルバックエンド)と呼ばれる新しいミドルウェアを使ってそれを実現することが可能だ。

 米Apigee、米StackMob、米Layer7 TechnologiesなどのMBaaSベンダーは、APIを通じてモバイルアプリケーションを組織の既存のデータリポジトリと結び付けるミドルウェアを提供している。モバイル技術のニッチとして注目を浴びるこの分野では、他のベンダーも、顧客がカスタムアプリを開発したり、米Xamarinや米FileMakerなどのデータベースコネクタを管理したりできる機能を提供する。

 モバイルアプリ開発を手掛ける米Intrepid Pursuitsの最高技術責任者(CTO)、マット・ブリッジズ氏は、「データベースとモバイルアプリとなるべきものとの間にサービス層が存在しなければ、われわれは直ちに待ったをかける」と話す。

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news077.jpg

電通が学生と企業の共創プロジェクト「βutterfly」を開発、企業向けにスポンサードプランを提供
電通は、顧客企業と学生の協働型プロジェクト「βutterfly」を開始すると発表した。β版...

news040.jpg

「インバウンド」で注目される浅草、訪日外国人観光客で賑わう理由とは?
口コミ時代のWebとソーシャルメディアは最大の武器。最小限の手間で最大の効果を発揮する...

news103.png

オムニバス、「セゾンDMP」を活用したターゲティング広告を提供
クレディセゾンの100%子会社オムニバスは、クレディセゾンが保有するクレジットカードの...