2013年05月30日 08時00分 UPDATE
特集/連載

BI製品紹介:TIBCO Spotfire 5.0米TIBCO製品担当が語る、セルフサービスBI選びの本当の鍵

エンドユーザーが任意の視点で分析できるセルフサービスBI市場が活況を呈している。競合がひしめく中、5月24日に新製品「TIBCO Spotfire 5.0」を発表したTIBCO Softwareでは何で差別化を図るのか? 米国本社の製品担当に聞いた。

[内野宏信,TechTargetジャパン]

 業務部門のエンドユーザー自身が自由な観点でデータを分析できるセルフサービスBI(ビジネスインテリジェンス)のニーズが高まっている。米Gartnerの調査でも2013年のBIソフトウェアの売上高はグローバルで138億ドルに達すると予想。国内でもクリックテック・ジャパン、ウイングアーク、Tableau Software、SAPジャパン、日本オラクルなど複数のベンダーが製品をリリースしている。

 こうした中、2013年5月24日、TIBCO softwareが分析プラットフォーム製品の最新版「TIBCO Spotfire 5.0」(以下、Spotfire)を発表した。競合製品も多い中、同社はどのような点を強みとして打ち出していくのか。製品発表に合わせて来日した米TIBCO Softwareプロダクトマネジメント シニアディレクターのルイス・ベイジュック・ヨーガン(Louis Bajuk-Yorgan)氏にBIに寄せられている企業ニーズと製品のポイントを聞いた。

リッチなダッシュボードに惑わされてはいけない

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news077.jpg

電通が学生と企業の共創プロジェクト「βutterfly」を開発、企業向けにスポンサードプランを提供
電通は、顧客企業と学生の協働型プロジェクト「βutterfly」を開始すると発表した。β版...

news040.jpg

「インバウンド」で注目される浅草、訪日外国人観光客で賑わう理由とは?
口コミ時代のWebとソーシャルメディアは最大の武器。最小限の手間で最大の効果を発揮する...

news103.png

オムニバス、「セゾンDMP」を活用したターゲティング広告を提供
クレディセゾンの100%子会社オムニバスは、クレディセゾンが保有するクレジットカードの...