2013年06月27日 08時00分 UPDATE
特集/連載

セキュアブラウザ製品紹介:コネクトワンJailbreakも検知、無料で使える業務用ブラウザ「MDM Browser」

セキュアブラウザだけでは安全性の確保が難しいが、MDM製品ほどの機能は必要ない。こうした声に応え、セキュアブラウザとMDMの“いいとこ取り”を目指したのが「MDM Browser」だ。

[鳥越武史,TechTargetジャパン]

 情報漏えい対策のために必要十分な機能を盛り込んだセキュアブラウザが、コネクトワンの「MDM Browser(旧称:ConnectONE Browser)」だ。安全性を高めるべく、管理者権限の取得行為の検知といったモバイルデバイス管理(MDM)機能を搭載。一方で情報収集機能を備えないなど、私物端末の業務利用(BYOD)のセキュリティ対策として活用しやすくした。MDM Browserの機能や特徴について、同社代表取締役社長である吉田 晋氏に聞いた。

連載:セキュアブラウザ製品紹介


製品の概要:ポリシー違反の端末では起動しないブラウザ

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news014.jpg

認知度86.5%、言葉だけは知られている「民泊」――クロス・マーケティング調査
民泊初利用のきっかけは、口コミが27%を占めるようです。

news131.jpg

「SAS Customer Intelligence 360」が刷新
SAS Institute Japanは9、新しい「SAS Customer Intelligence 360」を発表した。

news018.jpg

イマドキ女子のスマホプライムタイムは「22時」――インテージ調べ
インテージは、15〜24歳“イマドキ”女子のスマートフォンの利用実態を調査しました。