2013年07月01日 08時00分 UPDATE
特集/連載

SurfaceやOffice 365の普及を優先?ついに登場したiOS版Office、Microsoftの真意は

米MicrosoftがついにiOS版のMicrosoft Officeをリリースした。ただし、利用できるのはOffice 365ユーザーのみで、iPad専用画面を用意しないなど制限も多い。Microsoftの意図は?

[Diana Hwang,TechTarget]

 米Appleは2013年6月10日(米国時間)に開催した「Worldwide Developers Conference(WWDC)2013」で、「iOS 7」および「iWork for iCloud」のプレビューを発表した。その直後、米Microsoftが公開したのが「Office Mobile for Office 365 subscribers」(以下、Office Mobile)である。

 この新しいアプリケーションは、iOSユーザーの前々からの要望に応える、iOSデバイスで動作するネイティブのMicrosoft Officeである。ただし、このアプリが正式にサポートするのはiPhoneであり、iPadには最適化されていない。さらに既報通り、利用できるのは「Office 365」のサブスクリプションユーザーに限定される。

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news015.jpg

インターネットは信用できるのだろうか?
パーソナルデータのマーケティングへの利用を消費者はどう感じているか、ソーシャルログ...

news071.jpg

フィードフォース、セルフサービスでデータフィードの作成・管理が可能なプラットフォームを提供
フィードフォースは、データフィードの作成・管理・最適化を広告担当者自身で行うことの...

news081.jpg

Facebook広告にオフラインでの行動データを活用、アクシオムがデータ提供
フェイスブックジャパンとアクシオムジャパンは、アクシオムが提供するオフラインでの消...