2013年12月27日 08時00分 UPDATE
特集/連載

Computer Weekly製品導入ガイド出遅れたWindows 8タブレットの勝機はiPadの弱点

Microsoftはその中核的な事業において、チャンスを1つか2つ逃した。だがモバイルの業務利用は依然としてタブレット市場全体にとっての問題であり続けている。

[Clive Longbottom,Computer Weekly]

関連キーワード

Windows 8 | iPad | Android | タブレット | Windows XP


Computer Weekly

 Windows最新版についてのさまざまな報道を目にした人が、ある程度混乱するのは無理もない。これまでにMicrosoftが売り出したどの製品よりも速いペースの売れ行きを見る限り、Windows 8はWindows 7以来の出来といえるのか。それとも、発売までに時間がかかり過ぎたことや的を外したことから判断して、Windows Vista以来の失敗作とみるべきなのか。恐らくその両方だろう。Windows 8の現在の状況や、他のシステムが与える影響について理解するためには、細部に目を向ける必要がある。

 まず、Windows 8は出遅れた。Appleは優れたデザインの製品を通じて、既に大量のユーザーを自社陣営に引き入れた。同社の製品は使い勝手が非常にシンプルで、大多数のユーザーはiPadのファッション性を評価し、自分の会社のPCと併用するようになった。そのPCの圧倒的多数は、XPを含むWindowsを搭載している。StatCounterの調査によれば、世界の全デスクトップに占めるWindows XPの使用率はまだ25%近くに上り、その大部分を組織のPCが占める。

 だがiPadユーザーの大多数はMicrosoftを見捨てていない。真の問題は、iPadがWebや電子メールを閲覧するための端末としては素晴らしい半面、情報の作成に関しては全く向いていない点にある。

 確かに電子メールには返信できるし、Facebookにも投稿できてツイートもできる。だが、ソフトキーボードはその場しのぎの用途であればともかく、きちんとしたキーボードの代替にはならない。PowerPointスタイルのプレゼン資料をiPadで作成するのは容易ではない。複雑なスプレッドシートで作業しようとすれば、すぐにPCが欲しくなるだろう。

 外付けキーボードやサポートスタンドがあっても、iPadが本格的な業務用コンテンツの作成に適しているとは思えない。それにさまざまな付属品を使い始めると、何本ものケーブルを持ち歩き接続しなければならないという昔ながらの問題に引き戻される。Bluetooth接続によって機器間の接続は必要なくなったが、充電は依然として大きな問題だ。Appleはモバイル化の多くの部分で素晴らしい功績を挙げた。だが次はどこへ行くのか。

王座争い

 Appleによるタブレット市場の独占状態に対する真の対抗勢力は、まずAndroid陣営から出現した。よりオープンなプラットフォームを持つAndroidは、オープンなプラットフォームと囲い込まれた環境(walled garden)の違いが理解できる技術通にとっては魅力的だった。だが、一般ユーザーは当初、横並びでAppleをまねた面白味のないデザインと、簡単にダウンロードできるアプリの少なさのために、あまり関心を示さなかった。

 Androidのアプリストアに十分な(そして適切な)アプリがそろうと、今度はAndroidの異なるバージョンが存在する問題が浮上した。2010年にリリースされたGingerbread(バージョン2.3)を皮切りに、Honeycomb(同3.x)、Ice Cream Sandwich(同4.0)、Jelly Bean(同4.1〜4.3)、KitKat(同4.4)が登場。多くのメーカーのタブレットは、Androidの特定のリリースに依存する設計になっていたことから、後のリリースの新機能や改善点を取り込むことができなかった。これに対してAppleは、この問題にかなりうまく対処してみせた。

 だが最新バージョンのAndroidを搭載したスマートフォンやタブレットは、Appleから市場シェアを奪いつつある。Appleは特許の嵐でこれに対抗し、Appleが保有する特許を他社に利用されたと訴えてきた。これは裏目に出ているようだ。裁判所はAppleの訴えを退けたり、上訴審で判断を覆したり、他社に科した罰金を大幅に減額したりしている。

 一方のMicrosoftは、他の陣営が法的論争やアップグレード戦争を繰り広げている間に、独自のタブレット「Surface RT」を発売した。Windows 8の簡略版をベースとして、特にバッテリーが長持ちするタッチ式タブレットを目指したSurface RTは、Modern UI(旧Metro)と、Windows RT環境向けの専用アプリを搭載していた。Surface RTでは既存のWindowsアプリケーションは実行できなかった。同端末で実行するアプリは全て、Modern UIから直接入手しなければならない。

 Microsoftにとってこれは問題だった。

関連コンテンツ

13481.gif

導入しかけたiPadを止め、Windows 8タブレットに切り替えた導入事例。担当者の決断は正しかったのか?


この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news070.jpg

朝日広告社、クラウドソーシングを活用した動画サービスを提供開始
朝日広告社は、クラウドソーシングを活用した動画サービス「ASAKO VIDEO CROWD」の提供を...

news067.jpg

IMJ、チャットbotとの会話で応募・当選通知まで行えるキャンページの提供開始
アイ・エム・ジェイは、チャットbotを利用して、LINEのトーク画面上で告知から応募、当選...

news013.jpg

VRが創造する「あり得ない体験」で広告はもっと楽しくなれる
VRのマーケティング活用例を知る企画の後編。「非日常体験(シミュレーション)型」「イ...