2014年02月26日 08時00分 UPDATE
特集/連載

「Office Web Apps Server」を解説「Microsoft Office」ファイルをWebブラウザで編集できるようにするには?

あるサーバ製品を導入することでMicrosoft OfficeドキュメントをWebブラウザで表示し、編集することが可能になる。実現するための基盤技術を紹介する。

[Steve Goodman,TechTarget]

 「Microsoft Exchange 2013」へのアップグレードを検討したユーザーは、役割の変更、メモリやCPUの強化、ストレージの増設などの高い要件にショックを受けて目が回ってしまうかもしれない。また、Exchange 2013の新機能を活用しようとしても、その多さにうんざりするだろう。そうしたストレスを和らげ、必要な機能だけを利用できる「Office Web Apps Server 2013」を紹介する。

Office Web Apps Server 2013を理解する

 Office Web Apps Serverは、「Microsoft Office 2010」で追加されたサーバ製品の1つだ。Office Web Apps Serverを「Microsoft SharePoint Server 2010」および「OneDrive」(旧SkyDrive)サービスに連係させることで、エンドユーザーはWebブラウザ内で「Microsoft Word」「Excel」「PowerPoint」などのOfficeドキュメントを編集できるようになる。

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news118.jpg

AdRollが日本でも「ネイティブ広告」の販売を開始
AdRollは、米国にて提供中の「ネイティブ広告」のサービス提供を日本でも開始した。

news050.jpg

Twitter上でユーザーとのコミュニケーションを自動化、サイバーエージェントがサービス提供
サイバーエージェントは、Twitter上での企業とユーザーのコミュニケーションを自動化する...

news122.jpg

人工知能「Adobe Sensei」はCMSをどう変えるのか?
アドビ システムズが2018年4月に提供開始する「Adobe Experience Manager」最新版の特徴...