2014年06月24日 19時40分 UPDATE
ニュース

NEWSWindows 8対応クラウド版「奉行」を販売開始――NECネクサソリューションズ

NECネクサソリューションズは、クラウド型基幹業務サービス「基幹業務SaaS by 奉行i8」を、2014年7月1日に販売開始する。

[織茂洋介,TechTargetジャパン]

 NECネクサソリューションズは、クラウド型基幹業務サービス「基幹業務SaaS by 奉行i8」を、2014年7月1日に販売開始する。これは、導入実績56万社を誇るオービックビジネスコンサルタントのERPパッケージソフト「奉行」シリーズをクラウド上で提供するサービスの最新バージョン。操作処理機能の充実、管理レベルの強化、マネジメント視点の導入といった機能面の改善に加え、Windows 8に完全対応し、タッチ操作やタブレット端末での使用も可能になっている(Windows RTタブレット端末では未評価という)。

初期コスト不要ですぐに導入可能

ITmedia マーケティング新着記事

news150.jpg

DataRobotとMarketoが連携、AIで業務の自動化と高精度な予測分析を一挙に実現
DataRobot Japanとマルケトは、「Marketo」と「DataRobot」のAPIによる接続検証を行い、...

news097.jpg

HubSpot CMOに聞いたインバウンドマーケティングの新フレームワーク「フライホイール」のこと
HubSpotが提唱するインバウンドマーケティングを実践するための新フレームワークと製品体...

news056.jpg

デジタル投資の意思決定、キーパーソンはCFOに――アクセンチュア調査
アクセンチュアの最新調査によると、企業のデジタル投資に関する意思決定でCFO(最高財務...