2014年10月28日 12時00分 UPDATE
特集/連載

大解剖、PayPalの開発現場【前編】やり手副社長が主導したPayPalのアジャイル開発移行、その凄腕を見る

PayPalがアジャイル開発で目指したのは、プロトタイプ作成の迅速化、継続的改善、そして具体的な製品の提供だ。改革をリードした副社長が語る。

[Linda Tucci,TechTarget]

関連キーワード

PayPal | DevOps | アジャイル


ik_tt_paypal01.jpg

 米PayPalはアジャイル開発方式に向けた“ビッグバン改革”を断行した。同社のクリステン・ウォルバーグ技術担当副社長は、米TechTargetの取材に応じ、同社内の510の機能横断型チームの仕事のやり方を変えた改革の狙いとその具体的内容について語った。改革の一環としてオフィスの改装も行われ、その費用として200万ドルの予算を計上したという。

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news040.jpg

AIが業務要件に合わせてテキスト解析、データセクションがサービス提供
データセクションは、顧客の抱える課題や要望に合わせてカスタマイズ可能なAIテキスト解...

news015.jpg

バーチャルYouTuberが半年で4000人以上に――ユーザーローカル調べ
ユーザーローカルはCyberVと協力し、バーチャルYouTuberの市場成長ついて分析しました。

news047.jpg

CyberBull、動画広告に特化したバーチャルスタジオの開発に着手
CyberBullは、動画広告に特化したバーチャルスタジオの開発に着手。2019年内の実用化を目...