2014年10月28日 12時00分 UPDATE
特集/連載

大解剖、PayPalの開発現場【前編】やり手副社長が主導したPayPalのアジャイル開発移行、その凄腕を見る

PayPalがアジャイル開発で目指したのは、プロトタイプ作成の迅速化、継続的改善、そして具体的な製品の提供だ。改革をリードした副社長が語る。

[Linda Tucci,TechTarget]

関連キーワード

PayPal | DevOps | アジャイル


ik_tt_paypal01.jpg

 米PayPalはアジャイル開発方式に向けた“ビッグバン改革”を断行した。同社のクリステン・ウォルバーグ技術担当副社長は、米TechTargetの取材に応じ、同社内の510の機能横断型チームの仕事のやり方を変えた改革の狙いとその具体的内容について語った。改革の一環としてオフィスの改装も行われ、その費用として200万ドルの予算を計上したという。

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news002.jpg

ユーザーと共に作る広告、期待と課題は? JIMOS担当者と語る
UGC(ユーザー生成コンテンツ)を広告に活用している企業ではどのような効果や課題を感じ...

news095.png

フロムスクラッチ、「b→dash」にGUIで自由にデータマートを作成できる新機能を追加
フロムスクラッチは、マーケティングプラットフォーム「b→dash」において、データウェア...

news077.jpg

電通が学生と企業の共創プロジェクト「βutterfly」を開発、企業向けにスポンサードプランを提供
電通は、顧客企業と学生の協働型プロジェクト「βutterfly」を開始すると発表した。β版...