2014年12月22日 08時00分 UPDATE
特集/連載

エンタープライズのためのOpenStack検討ガイド【第2回】OpenStackは企業ITで有りか無しか AWS、VMwareとの違い

OpenStackが企業ITの進化にどのように寄与するかを考える。「VMware vSphere」のような仮想化基盤や「Amazon Web Services」(AWS)のような非オープンソースクラウドとの違いは? 両者との使い分け、共存の可能性も探る。

[真壁 徹,米Hewlett-Packard Company]

 連載第1回「“オープン”以上の価値がある、OpenStackが企業で歓迎される理由」では、OpenStackがなぜ注目されているのか、最新の動向や他技術との比較を交えて解説した。今回は、OpenStackが企業ITの進化にどのように寄与するのかについて考えたい。仮想化基盤や非オープンソースクラウドとの違い、使い分けについても触れる。

OpenStackはどのようにビジネスへ貢献できるか

とにかくアジリティ(俊敏性)

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news016.jpg

Appleは今でもイケてるブランドか? 調査とデータで考察する
ビジネスパーソンの人的ネットワークから日本人の国語に関する意識変化、ウェアラブル端...

news101.jpg

セールスフォース・ドットコム、SalesforceにAI機能を組み込む「Salesforce Einstein」を発表
セールスフォース・ドットコムは、Salesforceのクラウドサービスに人工知能(AI)を組み...

news077.jpg

日本の複数デバイス利用ユーザーの半数は4台以上持ち──クロスデバイス利用動向調査
Appierは、アジア太平洋地域におけるクロスデバイス利用動向調査の日本版の調査結果を発...