2015年04月04日 09時00分 UPDATE
特集/連載

凡ミスと思ったら実はファインプレー?スポーツ界にもデータ分析の波、データが裏付ける“奇跡の逆転”とは

スポーツの世界では、データ分析に注目が集まっている。スポーツメディアはこれまでにない新たな“ストーリー”を伝えることができると期待を寄せる。一方、そうした情報に無関心なファンやコメンテーターもいる。

[Ed Burns,TechTarget]
0402_kf_sport_190.jpg

 2015年の「スーパーボウル(※)」について、全米のコメンテーターとインターネット上のファンは、シアトル・シーホークスのヘッドコーチであるピート・キャロル氏が采配を誤ったと確信している。その采配とは、キャロル氏が、試合の終盤でランプレーではなく、パスプレーを指示したことだ。そのパスはインターセプト(妨害、阻止)され、シアトル・シーホークスは敗者となった。

※スーパーボウル:米国のプロアメリカンフットボールリーグであるNFLの優勝決定戦。毎年2月に開催され、全米で注目を集めるスポーツイベントとなっている

この記事が気に入ったらTechTargetジャパンに「いいね!」しよう

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news015.jpg

インターネットが好き過ぎる人々の夏
テクノロジーは日進月歩。技術に合わせて私たちのITリテラシーは進化しているのか。ネッ...

news061.jpg

ABM実現のためのデータマネジメントサービスでサンブリッジがリアライズと提携
サンブリッジとNTTデータグループのリアライズは、アカウントベースドマーケティングの実...

news018.jpg

「ラストクリック依存」はなぜ失敗するのか?
CPA(顧客獲得単価)の最適化という目標は達成できているのに肝心の収益には貢献していな...