2015年04月23日 15時00分 UPDATE
特集/連載

データに対する疑念を払拭するには“トップの意見”を優先する経営陣にデータ分析チームができること

データ分析はほんのわずかな誤りから経営陣の信用を失ってしまうこともある。それに対し、企業のデータ分析チームはどのようなアプローチを取るべきなのか。そのポイントを解説する。

[Ed Burns,TechTarget]
0422_kf_datascientist_190.jpg 「MIT Sloan Sports Analytics Conference」のWebサイト《クリックで拡大》

 全米プロバスケットボール協会(NBA)の元選手で現在はバスケットボール解説者をしているチャールズ・バークレー氏は、アナリティクス(データ分析)に関する自らの見解を明らかにした。NBAチームのヒューストン・ロケッツでゼネラルマネジャーを務めるダリル・モリー氏は、データに基づいて選手の状況を判断することが多いと主張する人物だが、バークレー氏は「データ分析を盲信する人の1人だ」と同氏を評した。

ITmedia マーケティング新着記事

news060.jpg

大日本印刷とSMN、丸善ジュンク堂書店が保有する書誌データなどを活用した広告配信プラットフォームで協業
大日本印刷が、グループの丸善ジュンク堂書店、ハイブリッド型総合書店hontoの「本の通販...

news090.jpg

広告コミュニケーションを「ヒアリングファースト」で一方向から双方向へ
「Forbes 30 Under 30 Asia」に選出された気鋭の起業家の目に映る次世代の広告体験とはど...

news022.jpg

Webアナリティクス、日本の市場規模は米国の14%以下
他社はどのツールを導入しているのか。営業インテリジェンスデータサービス「Datanyze」...