2015年06月02日 12時00分 UPDATE
特集/連載

停電発生時にも最小限のダウンタイムで済んだWindows XP移行がきっかけ、大規模病院がVDI導入を決意した理由

付属医療機関30カ所を結ぶ医療機関ネットワークに、32カ所の地域診療所を追加した大規模病院。VDI(仮想デスクトップ環境)導入や膨大なデータ量の適切な管理を可能にしたシステム基盤とは?

[Garry Kranz,TechTarget]
photo 日本では東京都足立区がVDI環境にNutanix Virtual Computing Platformを導入。TechTargetジャパン記事「ベンダー任せにしない “自治体クラウド先駆者”の足立区が最新技術でVDIを構築」より

 米St. Luke's Health System(St. Luke's)は、米Nutanixの「Nutanix Virtual Computing Platform」のストレージノードを実装して、30カ所を超える付属医療機関のストレージを仮想化している。同社の医療機関ネットワークで2.4P(ペタ)バイトの共有ストレージを分散している。

 St. Luke'sは米アイダホ州ボイシを拠点とする医療機関ネットワークだ。これまでは米EMCの機器を使用していたが、2013年10月にNutanixのハイパーコンバージドプラットフォームに移行して仮想デスクトップインフラ(VDI)を導入した。Nutanix Virtual Computing Platformは、コンピューティングやネットワーク、ストレージ、仮想化のリソースを1つの筐体に統合している。

共有ストレージの分散による効果とは?

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news116.jpg

読売巨人軍がマーケティングプラットフォーム「b→dash」を導入
読売巨人軍が、フロムスクラッチのマーケティングプラットフォーム「b→dash」の導入を決...

news100.jpg

IDOMが挑むモバイルWebサイトの表示速度改善、具体的なノウハウと効果は?
前回に引き続き、中古車買い取り・販売の「ガリバー」におけるWebサイトの表示スピード改...

news087.jpg

WACUL、人工知能を活用したWeb改善ツールに「毎日の成果管理」機能を追加
WACULは、人工知能によるWebサイト分析ツール「AIアナリスト」に新機能「毎日の成果管理...