2015年11月13日 15時00分 UPDATE
特集/連載

SHA-2への移行も急務だが……いまさら聞けない次世代の暗号化技術「SHA-3」の基礎と、移行のリミット

SSL暗号化通信のハッシュアルゴリズムは2016年1月までに「SHA-2」へ移行することが要望されている。そのさなか、2015年8月に新たな暗号化技術「SHA-3」が公表された。SHA-1/SHA-2との違い、企業が取るべき準備について紹介したい。

[Michael Cobb,TechTarget]
セキュリティ対策 セキュアハッシュアルゴリズム「SHA-1」から「SHA-2」への移行期限が迫っている《クリックで拡大》

 米国立標準技術研究所(NIST)は、「セキュアハッシュアルゴリズム‐3(SHA-3)」標準の最終版を2015年の8月に発行して公表した。同研究所によれば、SHA-3は「電子情報の整合性を保護するための次世代ツール」だという。

 だが、本当なのだろうか。

 本稿ではSHA-3を紹介する。「SHA-1」および「SHA-2」との違いや、SHA-3で追加されるセキュリティ、SHA-3に対して企業が取るべき方針を解説する。

SHA-3の必要性について

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news077.jpg

電通が学生と企業の共創プロジェクト「βutterfly」を開発、企業向けにスポンサードプランを提供
電通は、顧客企業と学生の協働型プロジェクト「βutterfly」を開始すると発表した。β版...

news040.jpg

「インバウンド」で注目される浅草、訪日外国人観光客で賑わう理由とは?
口コミ時代のWebとソーシャルメディアは最大の武器。最小限の手間で最大の効果を発揮する...

news103.png

オムニバス、「セゾンDMP」を活用したターゲティング広告を提供
クレディセゾンの100%子会社オムニバスは、クレディセゾンが保有するクレジットカードの...