2015年11月17日 08時00分 UPDATE
特集/連載

「cybozu.com カンファレンス 2015 東京」事例リポート業務を年間1万時間効率化、サイバーエージェント他2社のkintone活用法 (1/2)

クラウド型業務アプリケーション開発プラットフォーム「kintone」の国内での利用が加速している。サイバーエージェント、NKアグリ、中島工業の3社の事例をリポートする。

[岡崎勝己,著]

関連キーワード

kintone


 「業務アプリをもっと安価、かつ簡単に開発できないか」――IT担当者のこうした要望に応えるべく、サイボウズが2011年11月にサービスを開始したクラウド型業務アプリケーション開発プラットフォーム「kintone on cybozu.com」(以下、kintone)が快走を続けている。国内での有償契約社数は2015年4月に2500社、同年10月には3000社に到達した。

 サイボウズ kintone プロダクトマネージャー 伊佐政隆氏は、2015年11月に開催された「cybozu.com カンファレンス 2015 東京」で、「業務革新のアイデアを実現する手段として、kintoneが選ばれるケースが増えている」と述べる。kintoneは、プログラミングを伴うことなくマウス操作だけで開発ができ、ITの知識に乏しい現場部門でも利用が可能だ。また、豊富なAPIによる拡張性、二要素認証で高いセキュリティを確保していることも特徴である。さらに、モバイル端末用の画面が自動生成されるため、社外向けアプリの開発も容易だ。

 サイボウズでは、草の根のイノベーション創出を支援するため、kintone導入ユーザー向けイベント「kintone hive」を開催している。2015年10月に開催した同イベントでは、優れた活用事例を表彰する「kintone AWARD 2015」の最終選考に残った企業を発表した。今回は、cybozu.com カンファレンス 2015 東京の講演の中から、サイバーエージェントとNKアグリ、グランプリに輝いた中島工業の取り組みをリポートする。

サイバーエージェント:管理部門の業務を年間1万時間も効率化

       1|2 次のページへ
この記事が気に入ったらTechTargetジャパンに「いいね!」しよう

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news060.jpg

電通デジタルとトライベック、オムニチャネルを視野に入れた「ECサイト診断」サービスを提供開始
電通デジタルとトライベック・ストラテジーは、両社が共同開発した「ECサイト診断」サー...

news032.png

「WEBCAS e-mail」、複数メールの横断分析やトランザクションデータの差し込みができる新バージョンを発売
エイジアはメール配信システム「WEBCAS e-mail」の新バージョンを発売すると発表した。新...

news010.jpg

最後はやはり「人間」だから――B2Bマーケティングにおけるエモーショナルなアプローチの意義
米国のB2Bマーケティングは、日本に比べて圧倒的に進んでいるといわれています。今回は、...