2016年01月22日 12時00分 UPDATE
特集/連載

新旧の技術を体系的に学ぶここから始まる「ストレージ仮想化」、5つの方法とは?

企業でストレージを仮想化するアプローチには大きく5つがある。各アプローチのメリットとデメリットを把握し、自社のデータセンターに最適なアプローチを見つけてほしい。

[Brien Posey,TechTarget]
Hyper-V Container 「Windows Server」のコンテナ技術「Hyper-V Container」《クリックで拡大》

 ストレージ仮想化とは、物理ストレージを抽象化して、実際とは異なる形でストレージを提供することを指す場合が多い。例えば、複数の物理ディスクを複数のディスクとしてそのまま提供するのではなく、抽象化レイヤーによって大容量の1つのディスクとして提供する。

 ストレージ仮想化オプションに分類できるテクノロジーは多数ある。各テクノロジーに共通しているのは、抽象化レイヤーを使用して、基盤となる物理ストレージを分からなくしている点だ。企業で利用されている各ストレージ仮想化アプローチの概要を見ていこう。

ITmedia マーケティング新着記事

news122.jpg

博報堂DYメディアパートナーズとDAC、業種特化型マーケティングソリューションの開発を開始
博報堂DYメディアパートナーズとDACは共同で、専門的な情報に特化したWebメディアと協業...

news033.jpg

広告運用の自動化 できることとできないこと
日本の広告運用の現場にも自動化がようやく浸透し始めています。とはいえ、全てが自動化...

news069.jpg

デジタル広告の効果測定、7割の広告主が「Cookieだけでは足りない」――サイカ調査
クッキーだけでは足りないといっても、子どものおやつへの不満ではありません。もっとず...