2016年02月10日 12時00分 UPDATE
特集/連載

ユーザーが使いたい機能をアプリがサポートしていないじわじわ重要性が高まる位置情報ソフトウェア、ユーザーはまだ不満?

位置情報を活用するデジタルサービスは、道案内といった実用的な目的から広告を目的したサービスまで幅広い。多くのユーザーが利用するこのジャンルだが、ユーザーはまだ満足していない。

[Ed Burns,TechTarget]
kn_ttus0210_01.jpg 多くの企業が注目している「位置情報ソフトウェア」だが、その機能にユーザーが満足するためには解決すべき問題もある

 コンサルティング会社の「Dresner Advisory Services」が作成した最近の調査報告書によると、企業は位置情報ソフトウェアの重要性に気が付きつつあるが、この技術を使った製品にはまだ改良すべき点があると警告している。

 「位置情報ソフトウェアは、企業のIT戦略で中心的な役割を果たす。この認識は企業の間で広がっているが、ベンダーが提供する製品がユーザーの要望を満たすには、まだ改善すべき部分を残している」(Dresner Advisory Servicesの調査報告書より)

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news062.jpg

ランドスケイプの企業データベース「LBC」がマーべリックのDMP搭載型DSP「Sphere」と連携
ランドスケイプは、同社の企業データベース「LBC」がマーベリックのDMP搭載型DSP「Sphere...

news068.jpg

ジーニー、CRM/SFAシステム「ちきゅう」を会社分割契約により事業承継
ジーニーは、ちきゅうが提供する中小企業向けCRM/SFAシステム「ちきゅう」の開発・販売...

news066.jpg

電通、広告統合プランニング・効果検証ツール「STADIA OOHプラス」(β版)を開発
電通は、テレビ広告とインターネット広告の統合プランニングを実現する「STADIA」の機能...