2016年02月10日 12時00分 UPDATE
特集/連載

ユーザーが使いたい機能をアプリがサポートしていないじわじわ重要性が高まる位置情報ソフトウェア、ユーザーはまだ不満?

位置情報を活用するデジタルサービスは、道案内といった実用的な目的から広告を目的したサービスまで幅広い。多くのユーザーが利用するこのジャンルだが、ユーザーはまだ満足していない。

[Ed Burns,TechTarget]
kn_ttus0210_01.jpg 多くの企業が注目している「位置情報ソフトウェア」だが、その機能にユーザーが満足するためには解決すべき問題もある

 コンサルティング会社の「Dresner Advisory Services」が作成した最近の調査報告書によると、企業は位置情報ソフトウェアの重要性に気が付きつつあるが、この技術を使った製品にはまだ改良すべき点があると警告している。

 「位置情報ソフトウェアは、企業のIT戦略で中心的な役割を果たす。この認識は企業の間で広がっているが、ベンダーが提供する製品がユーザーの要望を満たすには、まだ改善すべき部分を残している」(Dresner Advisory Servicesの調査報告書より)

ITmedia マーケティング新着記事

news122.jpg

博報堂DYメディアパートナーズとDAC、業種特化型マーケティングソリューションの開発を開始
博報堂DYメディアパートナーズとDACは共同で、専門的な情報に特化したWebメディアと協業...

news033.jpg

広告運用の自動化 できることとできないこと
日本の広告運用の現場にも自動化がようやく浸透し始めています。とはいえ、全てが自動化...

news069.jpg

デジタル広告の効果測定、7割の広告主が「Cookieだけでは足りない」――サイカ調査
クッキーだけでは足りないといっても、子どものおやつへの不満ではありません。もっとず...