2016年09月12日 08時00分 UPDATE
特集/連載

HadoopベースのRDBMSRDBMSの新しい選択肢「Splice Machine」とは何か?

HadoopとSparkを利用したRDBMS「Splice Machine」のバージョン2.0がリリースされた。Splice Machineとはどのようなデータベースなのか。2.0の動向と併せて紹介する。

[Adrian Bridgwater,Computer Weekly]
Computer Weekly

 Splice Machineの「Splice Machine」は、「Apache Hadoop」と「Apache Spark」を利用するオープンソースRDBMS(リレーショナルデータベース管理システム)だ。Hadoopのクラスタ中心の分散データストレージと分散処理能力、Sparkのストリーミング、機械学習、グラフ処理用の組み込みモジュールによるビッグデータ処理用高速エンジンにより、Splice Machineは(間違いなく)優れた能力を誇っている。

Computer Weekly日本語版 9月7日号無料ダウンロード

本記事は、プレミアムコンテンツ「Computer Weekly日本語版 9月7日号」(PDF)掲載記事の抄訳版です。本記事の全文は、同プレミアムコンテンツで読むことができます。

なお、同コンテンツのEPUB版およびKindle(MOBI)版も提供しています。

ボタンボタン

 最近同社は、開発者向けにクラウド(AWS:Amazon Web Services)ベースのサンドボックスを発表した。このサンドボックスで、オープンソースの「Splice Machine 2.0 Community Edition」をテストできる。また、開発者コミュニティーサイトも公開された。

5つの「実際」のDevOps機能の詳細

 Splice Machineには、無償のCommunity Editionとライセンスが必要なEnterprise Editionがある。Enterprise Editionのライセンスには、年中無休のサポートと、以下のDevOps機能が含まれている。

  • バックアップとリストア
  • LDAPサポート
  • Kerberosサポート
  • 暗号化
  • 列レベルのアクセス特権

注:LDAPとKerberosは技術的なもので、それ自体はDevOps機能ではないとする見方もある。

 Splice Machineの共同設立者兼CEOのモンテ・ズエーベン氏は次のように話す。「当社がSplice Machineを公開し、コミュニティーを発展させていることは非常に喜ばしい。Community Editionは完全な機能を備えたRDBMSなので、Splice Machineの機能を余すところなく評価できる。Enterprise Editionには、Splice Machineを年中無休で安全に運用するのに必要なDevOps機能を追加している」

 Splice Machineのコミュニティーサイトは、チュートリアル、ビデオ、開発者フォーラム、GitHubリポジトリ、Stack Overflowタグ、Slackチャンネルを利用できる。

スケールアウトテクノロジーが実際に意味すること

 同社がこの製品で提示しているのは、IT業界でよく耳にする幾つかの専門用語の構造を表すテクノロジーだ。

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news099.jpg

「Pinterest」のマーケティング活用、実は意外と進んでいるってご存じでした?
おしゃれな人、アート志向の人が使う画像共有サービスとして知られる「Pinterest」。アー...

news095.jpg

NTTコム オンライン、「Oracle Eloqua」と連携したSMS送信サービスの提供開始
NTTコム オンラインは、マーケティングオートメーション「Oracle Eloqua」から直接SMSを...

news072.jpg

インテージ、「INTAGE connect」経由でモバイル空間統計データの提供を開始
インテージは、同社の「INTAGE connect」を通して、ドコモ・インサイトマーケティングが...