2017年03月09日 08時00分 UPDATE
特集/連載

悪意のあるサイトから守るDNSの守り方──DNSプロキシサービスのススメ

セキュリティ戦略にDNSの防御を組み込む必要がある。今回は、悪意のあるサイトに引きずり込まれるのを防ぐのにも有効な、DNSプロキシサービスについて紹介する。

[Michael McIntyre,Computer Weekly]
Computer Weekly

 ドメインネームシステム(DNS)のセキュリティは重要だが、企業の防御戦略では見落とされがちな要素だ。今日のセキュリティチームは、スタッフ、顧客、社内のリソースを保護するだけでなく、最も重要な企業データを保護する役割も担っている。

Computer Weekly日本語版 3月8日号無料ダウンロード

本記事は、プレミアムコンテンツ「Computer Weekly日本語版 3月8日号」(PDF)掲載記事の抄訳版です。本記事の全文は、同プレミアムコンテンツで読むことができます。

なお、同コンテンツのEPUB版およびKindle(MOBI)版も提供しています。

ボタンボタン

 DNSは社内外のリソースに向かう全要求のルートに位置するため、セキュリティチームは顧客がリソースにたどり着くための安全な方法を用意する必要がある。DNSレイヤーはこのどちらにも非常に重要な役割を果たす。企業には自社のWebサイトへのパブリックアクセスや外部とのインタフェースとなるリソースの脆弱(ぜいじゃく)性を削減する義務がある。

 「DNS Security」(DNSSEC)は、DNSプロバイダー同士が信頼チェーンを実現する共通手段となっている。DNSSECは、キャッシュポイズニングやDNSサーバの侵害による中間者攻撃の防止など、特定のサイバー攻撃のリスク軽減に効果がある。

 さらに、自社Webサイトの外部特性に照らし合わせてDNSSECを実装すれば、サイトと顧客との信頼レベルが向上する。攻撃者はユーザーのIPアドレスやドメイン名を装ってトラフィックをリダイレクトし、ユーザー企業の信用を傷つける恐れがあるが、基本的には、このようなICANN標準がこうした偽装からWebサイトのユーザーを守る。

 DNSSECの実装には幾つかハードルがある。例えば実装が複雑で、加入する登録機関やサポート対象のトップレベルドメインを選択しなければならない。それでもDNSSECは業界内で勢いを増している。セットアップさえうまくいけば、メンテナンスは容易で、データトランザクションのセキュリティも向上する。

 社内でDNSを使用する場合、DNSはセキュリティチームにはそれほど負担とならず、スタッフの社内セキュリティを向上するために使用できるツールにすぎない。

 そこで、ポリシーや評価を基にDNS要求の遮断やフィルタリングを行う、DNSプロキシサービスの利用が拡大している。

続きはComputer Weekly日本語版 3月8日号にて

本記事は抄訳版です。全文は、以下でダウンロード(無料)できます。


Computer Weekly日本語版 最近のバックナンバー

Computer Weekly日本語版 2月22日号 3D NANDで飛躍するフラッシュストレージ

Computer Weekly日本語版 2月8日号 NVMe over Fabricsに高まる期待

Computer Weekly日本語版 1月25日号 ARMが進めるIoT戦略


この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news087.jpg

Webと店頭サイネージを連動する動画広告、マイクロアドデジタルサイネージとCyberBullが提供
マイクロアドデジタルサイネージはCyberBullと共同で、小売店の店頭サイネージと連動する...

news043.jpg

無料DMP「Juicer」とマーケティングプラットフォーム「HIRAMEKI」が連携
トライベック・ストラテジーは、マーケティングプラットフォーム「HIRAMEKI management」...

news129.jpg

VR/AR利用ユーザーの行動を可視化したマーケティングプラットフォーム、オプトが開発
オプトは、VR/ARを活用したプロモーションのためのプラットフォーム「drop:VR360°動画...