2017年05月12日 08時00分 UPDATE
特集/連載

何を捨て、何を導入したのか破産した英HMVが断行したITコスト削減

2013年に破産申請した英HMVは今、経営コストを削減して再建中だ。コスト削減の手はITにもおよび、大規模なシステム刷新につながった。コスト削減のために彼らが捨て、新たに導入した製品とは?

[Caroline Donnelly,Computer Weekly]
Computer Weekly

 大手音楽ソフト販売会社の英HMVが大規模なデジタル化とITインフラの刷新に悪戦苦闘している。目指すのはコスト削減の加速と、ビジネスの将来保証だ。

Computer Weekly日本語版 5月10日号無料ダウンロード

本記事は、プレミアムコンテンツ「Computer Weekly日本語版 5月10日号」(PDF)掲載記事の抄訳版です。本記事の全文は、同プレミアムコンテンツで読むことができます。

なお、同コンテンツのEPUB版およびKindle(MOBI)版も提供しています。

ボタンボタン

 同社は、2013年1月に破産申請を行っている。これが2013年4月の企業再生会社Hilco CapitalによるHMVの買収につながっている。以降、Hilco CapitalはHMVの一部店舗のリース再交渉を行ったり、場合によっては店舗の規模を縮小したりと、HMVの経営コスト削減の道を探っている。

 併せて、Amazonなどのネット専門小売企業の脅威を確実に打ち破るべく、IT投資計画の策定に乗り出している。この投資計画の目標には、同社の古いオンプレミスITシステムの総管理コスト削減も掲げられている。

 この取り組みの中で、HMVは中核を成す多くのサービスをサードパーティーのデータセンタープロバイダーに外部委託する。ポイントカードの枠組み、HRシステム、デスクトップサービスなどがその例だ。これにより、ハイブリッドクラウド採用の下地が整った。

 HMVは、Citrix Systemsの仮想デスクトップインフラ「XenDesktop 7.6」も導入する。HMVによれば、XenDesktop 7.6を利用すれば多くのオンプレミスハードウェアを仮想化でき、50台あった同社のサーバ資産が6台に削減されるという。

 また、IBMのPOSレジシステム「IBM 4690」に代えて、Worldpayベースの暗号化対応サービスを導入した。

 HMVのサービス配信マネジャーを務めるデレク・ウォークレート氏は、この投資計画はパフォーマンスと効率全体を改善するテクノロジーに投資する同社の姿勢を裏付けていると主張する。

 「当社のIT投資は、サポートが終了した、管理コストの高い旧式機器を置き換えて、本腰を据えてビジネスを後押ししようとしていることの表れだ。当社は、クラウドソリューションの採用をコスト削減の機会として捉えようとしている」(ウォークレート氏)

 「新しいITサービスを導入すると、新しいCitrixファームとサーバ仮想化が実現するだけでなく、寿命を迎えた機器を排除できる。こうした旧式の機器は管理コストが非常に高くつく。つまり、最新かつ高速のテクノロジーを利用できる上、コストの削減につながる」

デスクトップ変革

 XenDesktop 7.6を導入したことで、ソフトウェアの互換性の理由からシンクライアントを交換する必要が生じた。

この記事が気に入ったらTechTargetジャパンに「いいね!」しよう

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news105.jpg

ソニーマーケティング、顧客満足度の向上につなげるカスタマーサービスのノウハウを外販
ソニーマーケティングは、企業と顧客との円滑なコミュニケーションをサポートし、顧客満...

news122.jpg

BIからAI(拡張知能)への進化、QlikのCTOが語る
さまざまな洞察を得るため、最適化されたビジュアルを提供するツールへ進化するセルフサ...

news024.jpg

Adobe Systems、テレビ広告運用プラットフォーム「Adobe Advertising Cloud TV」を発表
Adobe Systemsは、データに基づき自動的にテレビ広告のプランニングとバイイングができる...