2017年11月14日 05時00分 公開
特集/連載

「JavaOne 2017」で学ぶ開発ツールの利用方法Java開発の現在と将来――Javaはレガシーアプリにデジタル変革を起こせるのか

コンテナへの対応、モジュール化、Java EEの「MicroProfile」など、Java開発ツールのさまざまな強化点について、エンタープライズアーキテクトと開発者が解説する。

[George Lawton,TechTarget]

 デジタル変革戦略を進める企業は、レガシーインフラへのアクセスを保ちながら、コンテナやWebサービスといった新しい概念に対応するプログラミングツールを活用できるようバランスを取る必要がある。こうしたアプローチの1つに、JavaScriptのNode.js、Python、PHPに基づくWeb開発ツールの導入がある。コンテナ対応、モジュール化、Java EEのMicroProfileに基づく軽量のJavaの仮想マシン(JVM)など、最近の進化を取り入れることで、既存のJava開発ツールと専門知識をさらに有効に生かせるようになる。

 Oracleで製品管理部門のバイスプレジデントを務めるマイク・リーマン氏は次のように語る。「開発者は、Node.JS、Python、PHPなど、さまざまな言語を用いてマイクロサービスを作成している。Javaには膨大な知識ベースやスキルがあるが、次々と登場し、人気を集める膨大な数の言語も利用することになる」

クラウドネイティブになるようJavaを見直す

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news035.jpg

企業の枠を超えてユーザー企業やパートナー企業がつながることの価値――ボストンで「INBOUND」を体験して
本連載では3回にわたり、HubSpotのカルチャーやインバウンドマーケティングの考えなどに...

news101.jpg

ソフトバンク・テクノロジー、チャットbotでWebサイトの分析や課題発見をサポートする「SIGNAL AI」を提供
ソフトバンク・テクノロジーは、Webサイト分析やアドバイスを行いながらデータ活用人材を...

news065.png

パイプドビッツなど3社、製薬企業向けマーケティングオートメーションパッケージ「BtoD」が提供開始
パイプドビッツは、メディコムとトライベック・ストラテジーの2社と共同で、製薬企業向け...