2017年12月19日 05時00分 公開
特集/連載

「MongoDB」の設定ミスだけではないスマホ用キーボードアプリのユーザー情報3100万人分が流出の恐れ その“真の原因”は

スマートフォン用キーボードアプリ「ai.type」のユーザー約3100万人分の個人情報が、誰でも閲覧できる状態になっていた。原因として「MongoDB」の設定ミスが挙がっているが、専門家はもう1つの問題を指摘する。

[Michael Heller,TechTarget]
画像 キーボードアプリai.typeが抱えていた2つの問題とは

 スマートフォン用キーボードアプリケーションのユーザー約3100万人分の個人情報が、流出の危険にさらされていた。ドキュメント志向のデータベース管理システム「MongoDB」の設定ミスと、デバイス内の全データへのフルアクセス取得が原因だ。

 ユーティリティーベンダーKromtech Allianceのセキュリティ組織Kromtech Security Centerは、モバイルソフトウェアベンダーai.typeの同名キーボードアプリユーザーの個人情報が、インターネットで誰でも閲覧可能な状態になっていたと発表した。ai.typeはモバイルOS「Android」「iOS」向けにキーボードアプリを提供している。Kromtechによると、ai.typeはデフォルト設定のままでMongoDBを運用した結果、合計577GB、3億7300万件のデータが誰でもアクセス可能な状態になっていた。

 今回の出来事はMongoDBの設定ミスが主な原因だと考えられるが、原因はそれだけではなかった。

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news008.jpg

伊藤忠テクノソリューションズ藤岡良樹氏が語る、老舗大手SIerにマーケティングが必要になった理由
30年にわたりIT系B2B企業のマーケティング支援に携わってきたエキスパートが、マーケティ...

news085.jpg

スマートスピーカー対応の広告配信ネットワークを構築して音声広告配信、博報堂DYメディアパートナーズなど3社
博報堂DYメディアパートナーズなど3社は、スマートスピーカーなどで提供されるニュースコ...

news012.jpg

スマホネイティブの情報収集行動は「スクショ」「いいね!」――博報堂調べ
「スマートフォンユーザー情報行動調査2018」の結果が発表されました。スマートフォンの...